副業ってどんなもの?オススメの副業ランキングから注意点まで徹底解説します!

 

 

ここ数年、「副業」が注目を集めています。今回は、副業が注目されているワケからオススメの副業ランキング、さらに副業をする際・選ぶ際に気をつけるポイントまで解説します。

そもそも副業って何?男性・女性を問わず、いま副業が注目されているワケ

副業というのは、本来の仕事(本業)以外で副収入を得る手段です。とはいえ内容に決まったものはなく、必要とされるスキルから稼げる金額までさまざまです。

日本のほとんどの企業は、これまで自社の社員に副業を認めてきませんでした。ところがいま、Google、ヤフーなどのIT系企業から日産、富士通、花王など日本を代表する大手企業まで、副業を解禁する会社が増えています。

このように副業が注目される理由のひとつは、政府の「働き方改革」です。平成29年3月に公開された働き方改革実行計画では、原則として副業を普及促進する方針が示されました。

また副業を認めることは、優秀な人材の確保にもつながります。社員が副業を通してスキルアップすれば本業の成績にも影響しますし、満足度やメンタルヘルスにプラスの影響が出れば、離職を抑えることにもつながります。

このように副業は、本人にとっても会社にとっても、そして社会にとってもメリットがあります。それではこれから、男性・女性を問わずオススメの副業をご紹介していきましょう。

ネットやスマホがあればOK?サラリーマンにオススメの副業ランキングはコレ!

副業にはいろいろな種類があります。ネットやスマホがあれば誰でも簡単にできるものからスキルや資本が必要なものまでさまざまです。ここではサラリーマンに特に人気のある副業ベスト5を、ランキング形式でご紹介します。

オススメ1 クラウドソージング

クラウドソージングというのは、企業などがネット上で不特定多数の人に仕事を依頼する仕組みです。代表的なものに口コミやレビューの作成、文章・イラスト作成、ホームページ制作、プログラミングなどがあります。

オススメの理由は、スキルの有無に関係なく誰でも始められること、豊富な仕事から自分に合ったものを選べること、そして本人のスキルや経験次第では高額な収入も期待できることです。

もちろん初心者向けの仕事(たとえば口コミ・レビューの作成)では報酬も1件あたり数十〜数百円と少額ですが、多くの仕事をこなしてスキルを身につければ、より高度で報酬の高い仕事を任されることもあります。中には月に数十万円を稼ぐ人も珍しくありません。

なおクラウドソージングを始めるにはクラウドソージングサービスへの登録が必要です。サービスは複数ありますが、まずは「ランサーズ」や「クラウドワークス」などの大手に登録してみると良いでしょう。

 主要なクラウドソーシングサービス

>仕事をしながらスキルアップ!【サグーワークス】
>不要で稼ぐなら「クラウドワークス」
>賢い人ははじめてる。ビジネスマンのための副業サービス【Saleshub(セールスハブ)】

オススメ2 アフィリエイト

アフェリエイトというのは、ホームページやブログで依頼者の商品・サービスを宣伝して、売上に応じた報酬をもらう仕組みです。SEOなどの高度な知識とこまめな作業が必要ですが、報酬は月に数万〜数十万円と高額です。中には数百万円を稼ぐ人もいます。

もちろんデメリットもあります。あくまで「商品・サービスの売り上げ」に対する成果報酬なので、一定の仕事をしたからといって収入が発生する保証はありません。特に最初の数カ月は収入ゼロを覚悟したほうが良いでしょう。

また安定した収入を得るには常にSEOなどの勉強が欠かせません。それでも自分のスキルを生かして高収入を狙いたい人、長期間ひとつのことに取り組める根気のある人には特にオススメです。

主要なアフィリエイトサービス

>アフィリエイトなら【A8.net】
>アフィリエイトブログ作るならSeesaaブログ

オススメ3 代行サービス

誰かに代わって何かをするのが代行サービスです。代表的なものには「運転代行」がありますが、ほかにも「買い物代行」「お墓参りの代行」「場所取り代行」、さらには「恋人代行」なんてものもあります。

運転代行の場合はもちろん運転免許が必要ですが、それ以外、資格らしい資格やスキルを特に必要としないのが大きな特徴です。また報酬も1件あたり数千〜数万円と、比較的割の良い副業です。

なお代行サービスを始めるには、代行会社に登録したり、代行サービスを紹介してくれるサイトに登録するのが近道です。

 

オススメ4 シェアリングサービス

最近注目を集めているのが、自分の持ち物を他人に貸すシェアリングサービスです。たとえば、空き部屋を旅行者などに短期で貸し出す「民泊」、マイカーを自分が使わない時間だけ貸し出す「カーシェアリング」などがあります。

貸し出せるもの(空き部屋やマイカーなど)があれば、特にスキルも経験も必要ありません。自分の使わないものが誰かの役に立ち、しかも1件あたり数千〜数万円という収入が発生するわけですから、ウィンウィンでメリットの大きい副業といえます。

とはいえ民泊であれば法律や自治体の規制、近隣住民とのトラブル、部屋を汚される・壊されるといったリスクがあります。カーシェアリングにも事故のリスクがあります。副業をする場合は、メリットとリスクをトータルで考える必要があるでしょう。

 

 

オススメ5 せどり

せどりというのは、いわゆる転売です。ネットを使った副業としては比較的歴史が古く、以前は「ブックオフで安く買った本をヤフオクやアマゾンで高く売る」というのが定番でした。本以外にも、CDやDVD、衣類、雑貨などの転売も定番です。

せどりのメリットは、なんといっても仕組みがシンプルなことです。安く仕入れて高く売るだけですから、基本的にはだれでもできます。とはいえその分ライバルもたくさんいますし、仕入れのためにある程度の資金が必要です。もちろん、仕入れたものが必ず希望通りの金額で売れるとは限りません。つまり赤字のリスクもあります。

このように、せどりは誰にでもできる一方、誰にでもオススメできる副業ではありません。ビジネスの基本をしっかり勉強・理解して、こまめな工夫や努力ができる方のための副業といえるでしょう。

主要なせどりサービス

>オークション・フリマの落札相場なら【オークファン】
>スマホ・携帯買取なら高額買取のバイヤーズ!
>キャンプ用品を売りたい

 

副業で失敗したくないならこれだけは気をつけよう!注意ポイントをご紹介

ネットやスマホの普及で、副業を始めるハードルはとても低くなりました。とはいえ、副業には気をつけるべき点もあります。本業や日常生活に悪影響を及ぼさないためにも、これから説明する内容をしっかり理解しましょう。

まず大前提として、本業の会社が副業を認めているかどうかに注意します。大手の一部が副業を解禁しているといっても、日本全体ではまだまだ副業に否定的な会社が多いのが実情。特に就業規則などで副業を禁止されている場合、副業がばれたら本業を失いかねませんので十分に気をつけてください。

また、副業をすることで睡眠時間や食事の時間が削られ、健康を害するケースも考えられます。集中力がなくなって事故に遭ったり、本業でミスをすることもあるでしょう。副業をするなら、あくまで無理のない現実的な計画が必要です。

法律や税金も重要なポイントです。民泊のように法律の規制がある分野では、きちんと手続きを踏まなくてはいけません。また副業で一定の所得を得たら、確定申告の義務が発生します。うっかり「違法」「脱税」ということにならないためにも気をつけましょう。

 

 

まとめ

今回は、副業が注目されている背景からオススメの副業、副業の注意点まで解説しました。副業という働き方について初めて知った方も、これを機に副業に興味を持っていただければ幸いです。

 

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*