「今までの苦労は何だったの!?」誰でも使えるアフィリエイトツールまとめ

KENT
KENT
アフィリエイト始めたんですけど、
思っていたより数百倍は面倒ですね、、、
ライフ師匠
ライフ師匠
ほっほっほ。
最初はそんなもんじゃよ。ある程度は慣れが必要じゃ。

KENT
KENT

いや、師匠。

慣れる前に心が折れそうです、、、

ライフ師匠
ライフ師匠
全くしょうがないやつじゃの〜。

「アフィリエイト始めたんだけど、結構細かい作業が多くて厄介だな」

「ニッチなワードを狙おうと思っても、なかなか難しいんだよね」

「なんか便利ツールでもあればいいんだけど、、、」

 

アフィリエイトを始めて、「記事をコツコツと書く」ことに慣れてきた方が、上記のような壁にぶち当たる方が多いのではないでしょうか?

確かにアフィリエイトには細かな作業が多いです。

しかし、手間を惜しまず細かな作業をどれだけ丁寧にできるかが勝負のビジネスでもあるのです。

 

壁にぶち当たっている皆さんに今回はアフィリエイトを行ううえで、とても役に立つツールをご紹介します。

下記に紹介されているツールを使いこなすことで、次の2つの効果を得ることができます。

  • 時短になる
  • 新しい切り口でサイト・文章を改善できる

筆者が実際に使用している、もしくは使用経験があるおすすめのツールをまとめましたので、あなたの悩みを解消してくれるツールを見つけましょう!

ツールの使いどきや、対処できる悩み別にご紹介します。

広告

①記事作成のサポートツール

ぱくたそ / フォトリア / O2(画像素材)

「画像」は記事をわかりやすく仕上げるためには欠かせない存在ですよね。

しかし、基本的にWEBサイトに載せていいのは著作権フリーの画像だけです。Googleから適当に拾ってきた画像を貼っておいたりすると、高額な使用料を請求される危険もあります。

イメージにあった画像を見つけると、ついつい保存して使用してしまいがちですが、絶対にやらないようにしましょう。

そんなリスクを回避するためのツールがあります。

ロイヤリティフリー画像を扱っている画像素材サイトを利用しましょう。無料・有料ともにいくつかあるので参考にしてください↓

画像素材サイトまとめ

ぱくたそ【無料】

O2(オーツー)【無料】

フォトリア【有料】

KENT
KENT
へー、これなら著作権侵害の心配ないですね!
ライフ師匠
ライフ師匠
そうじゃな。
じゃが、他のアフィリエイターたちも
こういったフリー画像を使っているから、
当然被る可能性があるわけじゃ。その辺は自身で作成した画像もうまく使いつつ、
オリジナリティを出すことじゃの。

アプリーチ(アプリ紹介)

スマホアプリを紹介したい時ってサイトを作っていると結構ありますよね。そんな時に便利なのが「アプリーチというツールです。

アプリーチを使うと、公式サイトのような綺麗なアプリのダウンロードリンクを誰でも無料で作成できます。

アプリ紹介をよく利用するサイトは絶対使いましょう。

控えめに言って「超便利」です。

読者がアプリインストールもしやすくなるだけでなく、スマホアプリ系のアフィリエイトにも応用できる、Win-Winなサービスです。

KENT
KENT
これは見栄えが綺麗だ!
ライフ師匠
ライフ師匠
このツールを導入するだけで、コンバージョン率も向上するんじゃ。

ランサーズ / クラウドワークス(記事作成代行)

「自分で記事を書く時間を節約したい!」「外注化して人に任せたい!」という人は、「クラウドワークス」や「サグーワークス」を利用すると良いでしょう。

たくさんのWEBライターさんが登録しているので記事作成を代行してくれます。1文字あたり0.5円〜1円(タスクorプロジェクトによる)ほどで、時間と労力を買うことができるのは大きなメリットですね!

ただし、記事の外注化は向き不向きが結構あります。 マネジメントが得意な人は向いているけれど、単独行動が得意な人は向いていません。そのあたりは試しながらしっかりと見極めてもらえるといいかもしれません。

KENT
KENT
確かに状況に合わせて時間と労力を買うっていうのは
必要な視点ですね。

今の僕にはちょっと早いけど、
もっと上達したらこういった選択肢は持っておかないとな〜

ライフ師匠
ライフ師匠
そうじゃの。
KENTみたいな初心者は、まずは自分で書いてみるのが良いぞ。

文賢(文章推敲ツール)

正しくかつわかりやすいライティングを目指したい人にオススメなのが「文賢というツールです。

これは沈黙のWEBマーケティング等の書籍でも有名な「WEBライダー松尾」さんが開発した文章推敲ツールです。

AIが搭載されたこのツールは、文章の校閲(間違いがないか指摘)だけでなく、場面に沿った言い回しの提案もしてくれます。外部メディアへの寄稿をよく行っている人や、文章を間違えたくない人、文章表現の幅を磨きたい人にもおすすめです。

ただ、文賢は月額の課金モデルではあるので、いきなり高額なツールを使用せずとも自身で頑張るという方もいらっしゃるかと思います。

そういった方々は下記のテーマも覗いてみて、自身が気に入ったテーマを使用よ良いかと思います。

KENT
KENT
うわー、AIが搭載されているツールもあるんですね。
その他にもデザインが良いテーマがたくさんある。
ライフ師匠
ライフ師匠
初心者の段階でテーマについてあまり思い悩むことはない。
高いテーマを購入したからといって、売上が上がるわけではないしの。
あくまで「このテーマ使いたい!」って思った時に出し惜しみせず買うくらいが丁度良いぞ。

②デザインツール

ココナラ(イラスト発注)

何かイラストを作ってもらいたい時はココナラのサービスを使うとよいでしょう!

ココナラにはたくさんのクリエイターが登録していて、サイトの個性を出すための「ロゴ画像」「バナー画像」「オリジナルキャラクター」などを作ってもらうことができます。

例えば、オリジナルキャラクターなら1作品あたり3000円前後で作成してくれますね。描いて欲しいキャラのコンセプト・画風・色合い・表情・ポーズといったことを詳細に伝えておくと、想像と近い作品を作ってもらうことができます。

これからは個性あるサイトほど勝ち残っていく時代です。オリジナルイラストはかならず活用して、ライバルとの差別化を計りましょう!

KENT
KENT
記事作成代行なんかと似てますけど、
バナーとか作る知識が一切ない僕にとっては嬉しいサービスですね。
ライフ師匠
ライフ師匠
全てを自分でやろうとしても得意/不得意があるから限界もあるしの。
うまく利用するのじゃ。

タノムノ(イラスト発注)

同じくイラスト外注で役立つのが「タノムノというサービス。クリエイターと依頼者を繋げてくれるマッチングサービスです。

タノムノには多数のイラストレーターさんが情報登録してくれているので、自分とテイストが合いそうだと感じた人がいれば、直接メッセージを送ってイラストを依頼することができます。

対してココナラと比べるとまだまだクリエイターさん自体の数が少ないのはデメリットです。それでもココナラよりもクリエイターとの距離が近いサービスなので、もしこちらで気に入る人がいれば頼んでみるのもおすすめです!

Canva(画像作成ツール)

画像を作るのは苦手だけど「おしゃれなアイキャッチ画像を作りたい!」という人に特にオススメなのが「CanvaというWEBサービスです。

アイキャッチ画像は記事の顔となる重要なパーツだから綺麗に仕上げたいですが、そんなに高度なベクター技術が使えない・・・という人にこそオススメです。

KENT
KENT
わ!なんかこれなら感覚的に僕でもできそうです!
ライフ師匠
ライフ師匠
最初はこれで十分じゃろ。

ColorSupply(配色参考ツール)

サイトの「テーマカラー」「アクセントカラー」を決めるときに役立つのが「ColorSupplyのサービス。

好きな色を選ぶだけで自動的に「相性の良い色」を教えてくれます。もしデザインに苦手意識を持っている人でも大丈夫。これからサイト作りをする人は配色の参考にしてもらえるといいでしょう!

KENT
KENT
デザインの知識は一切ないから、
定期的に学ぶ時間が必要そうです、、、
ライフ師匠
ライフ師匠
まあ、焦ることはない。
最初は誰でも「初心者」なのじゃ。

Affinity Designer(ベクターツール)

ベクターイラストの入門者におすすめなのが「Affinity Desinger」というツールです。

僕はこの「Affinity Designer」でいつもベクター画像を作っています。有料ではありますが、買い切りで使えるのですごくコスパが良いのが特徴。

ベクターツールは使いこなすまでに時間がかかりますが、基礎を習得するだけでも自分の表現力がぐっと広がります。デザインをこれから伸ばしていきたい人にはおすすめです。

③キーワード選定ツール

おむすびサジェスト(キーワード選定)

キーワード選定の際にとても役立つのが「おむすびサジェストというツールです。

このツールはキーワードの関係性を視覚的にわかるようにしてくれる便利ツールで、サジェストキーワードを一目で探したいときや、サイト設計をじっくり練りたいときに重宝します。

ただし細かなキーワードは描画されないので、その時は次で紹介する「関連キーワード検索」を使うと良いでしょう。

関連キーワード取得ツール(キーワード選定)

関連キーワード取得ツールは、キーワードのサジェストを網羅的に洗い出すツールです。

これを利用して攻め込めそうな穴場キーワードを探していくのがいいでしょう。ただしライバルも同じツールを使ってきますし依存しすぎも禁物。思いついたキーワードで記事を書くことも大事です。

KENT
KENT
キーワード選定って重要だとはわかっているんですけど、
初心者にとってはかなり難しくて辛い作業ですよね。
ライフ師匠
ライフ師匠
確かにどのキーワードを狙っていくかっていう思考に加えて、
作業性が必要じゃからな。
この辺は、まずは堪えるしかない。
続けることで感覚は研ぎ澄まされていく。

Ahrefs(競合分析+キーワード選定)

Ahrefsは競合分析+キーワード選定ができる有料ツールです。

競合サイトの集客経路や被リンクの分析だけでなく、キーワードの検索ボリュームを知ることもできます。中級者向けですが金銭的に余裕のある人は利用してみるといいかもしれません。

④サイト分析ツール

GRC(検索順位チェック)

もっともメジャーな検索順位チェックツールが「GRCですよね。

これを使うと自分のサイトの検索順位の動向を追うことができます。検索順位チェックはサイトがきちんと育っているかを知るための貴重な情報源となります。

GRCの料金はプランごとに異なりますが、年間1万円も払えば普通の人は十分です。「登録するのが結構面倒な点」を除けば最高のツールだといえます(以前はWindowsのみ対応でしたが、最近Macでの動作にも対応しました。)

他人のサイトのキーワード順位も追うことができるので、グーグルのアルゴリズムの動向を研究する上でも有用です。初心者から上級者まで、みんな使うべきでしょう。

ただし、Macでは使用ができないので要注意です。

GRC
KENT
KENT
うおー、これは毎日順位が見れて、
モチベーションが湧きそうです!
ライフ師匠
ライフ師匠
自分がどういう修正をしたら、順位に変動があるのかをちゃんと確認するのじゃ。

サーチコンソール(キーワード分析)

サーチコンソール」はGoogleが提供しているサービスで流入元キーワード(どのキーワードで検索されて記事が読まれているか)を知るときに有用なツールです。

検索順位に対するクリック率もわかるので、使い方次第ではお宝キーワードを見つけることもできます。順位が低いのに異常にクリックされて読まれているキーワードは強化すれば儲かるかもしれないということですね。

KENT
KENT
これは鉄板ですね!
ライフ師匠
ライフ師匠
うむ、そうじゃな。
これも毎日チェックが必要じゃ。

SEOチェキ(SEO設定チェック)

SEOチェキ」は「タイトルタグ」「ディスクリプション」「メタタグ」「h1」といったSEOの重要情報を知ることができるツールです。

自分のサイトのURLを入れてSEO設定に問題がないかを確認したり、他人のサイトのURLを入れて研究することもできます。サイトを作ったらまずここでタグ設定を確認しておきましょう。

JetPack(アクセス解析)

アクセス解析は「Googleアナリティクス」がメジャーかもしれませんが、日々の経過観察はWPプラグインの「JetPack」でも十分だと思います。

WordPressの管理画面から「アクセスの推移」「記事ごとのアクセス数」「流入元URL」「出口URL」を手軽に確認できるので、これほど便利なものはありません。

さらに、JetPackは「WordPressのスマホアプリ」と連携することでさらに便利になります。

JetPackを入れているとスマホからアクセス数を観察できるので、この組み合わせが最高です。日々のサイト成長を常にスマホから追うことができます。

まとめ

ライフ師匠
ライフ師匠
KENTよ。
ツールを使って満足してはならぬぞ。
あくまでもツールをしようするのは、
順位を上げる「手段」じゃからな。
KENT
KENT
そうですね。
気をつけます!
ライフ師匠
ライフ師匠
うむ。
うまく使いこなしてGoogleやユーザーと仲良くなるのじゃ!

いかがでしたでしょうか?

全くツールを使用していなかった方はこれらのツールを駆使することがでできれば、これまでの半分の時間と労力でも推進スピードを早められるのではないでしょうか?

自身に合ったツールを取り入れていきましょう。

 

そして、上記のツールを知っていること自体に価値はありません。

アフィリエイトで稼ぐには、ツールを使用しつつも「正しい努力と継続」が必要だと言うことは忘れないでください。

広告