今の給料に満足してる?会社員にオススメの副業バイト4選!

会社員の方々にとって、毎月の給料はとても重要な関心事かと思います。

高度経済成長期は国自体も盛り上がっていて、会社に長く勤めていけば給料も上がるという好循環が生まれていました。

ですが現在の日本は、長く勤めていても中々給料が上がらない時代です。とは言え、仕事を変えることには固定給が下がるリスクや環境が変わるリスクがあります。

自分の意思で給料をコントロールすることは困難ですが、副業というプラスアルファの働き方で給料を増やすことはできます。

今回は、副業の特徴や注意点、またオススメなバイトのご紹介を致します。

そもそも副業ってなんなの?

huugyou_nani

副業とは、現在働いているメインの仕事を本業と定義した上で、その本業以外の部分で働いて稼ぐことを指します。

今までの日本は終身雇用制度の概念が根強く、1つの会社に長年尽くし、会社がその見返りのような形で、昇給・昇進・定年時の退職金等を手厚く設ける形で労使関係が良好に成り立っていました。

ですが、高度経済成長の終焉や人口分布の変化に伴い、会社の体力的にも社員一人ひとりに手厚く将来を保証できない時代になってきました。更に、年々いわゆる外資系という、実力成果主義型の職場が日本にも増えたことで、終身雇用制度は崩壊しつつあります。

こうした背景から、本業だけで安心・安定して過ごしていけない人たちが増えていっております。伸び悩む給料、空きの無いポスト、受給年齢が段階的に遅くなる年金…こうした閉塞感もあり、国としても、個々人にもっと多様化した働き方を推奨する動きが出てきました。現代では、国も本業以外で仕事を持つ副業を推進しているのです。

そんな国も勧めている副業ですが、様々なメリットがあります。

1つ目は、何よりも給料を得る手段が複数に増やせることです

今の時代[本業]である仕事も、5年後10年後にどうなっているかという保証はありません。1つの会社や職種に縛られていると、万一の際に他の仕事で食べていけないリスクがあります。副業をして仕事の幅を広げることで、そういったリスクを低減できます。

2つ目は、複数の人間関係構築先が作れ、多様化した価値観や考え方を学ぶことができます

これからの時代は平均寿命も延びていき、ますます助け合いが必要となる時代になります。

シェアリングエコノミー(個人間の貸し借りを中心としたモノ・サービス・場所の共有)が一般的になってきたのも、こうした時代背景があるからでしょう。副業をして様々な人間関係、並びに信頼関係を築いていくことで、生きていく上での人的ネットワークを広げることができます。

こうしたメリットも含めて、副業を始める方が増えているのが現状です。

副業バイトをする際の注意点

国が認めてるんだったら大丈夫だろう

メリットがあることだし、給料も増やせるし今すぐ始めよう

そう思った方、ちょっと待ってください。確かに副業は国としても推し進めていることではありますが、大きく2点注意点があります。

1つ目に、世の中の会社全てが社員の副業を認めているわけでは無いという点があります。

自社の社員が副業をすることで、社員の所得や人間関係が豊かになり、精神衛生上良好な状態で仕事してもらえれば会社側にもメリットはあります。

ですが、会社としては、

社員が副業で無理をして仕事中寝不足になり生産性が落ちるかもしれない

社外の人に会社のことを話す情報漏洩が不安だ

等々のデメリットもあるのです。自分の会社が副業を容認しているか否かは、会社の就業規則を見れば分かるので、確認してみてください。

2つ目に、税金関連で副業がバレるリスクがある点です。

会社に黙っていればバレないだろう」という意見もあるでしょうが、実は毎年きちんとした税金申告の処理を行っていると、副業がバレる可能性があります。

様々な税金がある中で、住民税というものがありますが、こちらは本業の所得に対しての税金ではなく、年間の総所得(副業も含む)に対する税金がかかるものです。

しかも住民税に絡む申告は、私たち個人側でなく会社側が義務として自治体に報告していますので、隠しようがありません。

多くの方がこの住民税を、特別徴収(会社からの給与天引きで12等分した支払いを行う手段)にて支払っていると思いますが、この場合本業の会社単体の給料で計算した税金と合わなくなり、会社に怪しまれる場合があります。

少々面倒ですが、住民税を普通徴収(自身で自治体に納める手段)に切り替えることで、会社にバレずに副業をすることが可能となります。以上のことに注意して、副業を始めていきましょう。

会社員にオススメの副業バイト4選!

それでは、会社員の方にもオススメの副業バイトを特徴別にピックアップしていきます。

運転代行〜車が好きな方向け〜

車を走らせるのが好きな方には、運転代行がおすすめです。

運転代行というのは、車で居酒屋等に飲みにいき、お酒を飲んだ人の代わりにその方の車を代行して運転し、自宅まで送る仕事です。自家用車運転係と、飲んだ方々を送る係の2名体制で行うのが一般的です。

意外とサラリーマンの副業として選んでいる方も多いのが特徴です。

メリットは、運転代行バイトのシフトは20時くらいがスタートのところが多く、無駄な隙間時間がなく始められ、明け方仮眠が取れることです。

給料は、時給1,000円から2,000円が一般的です。

デメリットは、車を運転しているので絶対に寝ることが出来ないことと、運転代行は地方に多く、都心では求人が少ない点です

宿直系バイト〜ゆったり働きたい(途中仮眠も取りたい)方向け〜

病院や福祉施設、一部の研究施設や工場など、24時間体勢の建物でする宿直のアルバイトがあります。宿直室で防犯カメラのモニターを確認したり、ビルの出入り口や警備室で警備をしたりするのが仕事です。

特徴は、夜に過眠をとることが許されていることです。給与も日給で10,000円ほどが多く、何もなければ体力の消耗なく一定額の給与が見込めます。

デメリットは、バイトが始まる時間が早いことです。(18時スタート等)

治験〜土日まとまった時間のある方向け〜

世の中に多く出回っている、サプリメントやジェネリック薬品等の服用検査を行う仕事です。

やることとしては、指定の施設に赴いて寝泊まりする中で、決まった時間に薬を服用し、採血等を行うだけです。
内容によりますが、一回の治験で数万円という給与も可能です。

デメリットは、複数日場所的な拘束が発生することと、採血が多いので、苦手な方には向いていないことです。

在宅ワーク〜パソコンが得意な方向け〜

最近は時間と場所に拘束されず、自宅で好きな時間に働くという選択肢も増えてきています。その際たるものが在宅ワークです。

一口に在宅ワークといっても様々ですが、物の売り買いがお好きであれば転売ビジネス、ブログ等自身で行っていればアフィリエイト、ワードやエクセルを使える方であればデータ入力、等の仕事等様々あります。

デメリットは、パソコンがあり、かつある程度使える方でないと難しい点と、自宅にネット環境がないと継続していくことは難しい点です。

まとめ

これからの時代、今の会社だけの給料で不安だという方は、副業を選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。
ポイントは3点です。

国も推奨し始めた副業には、メリットがたくさんある
本業である会社のルールや、会社にバレない(かつ迷惑をかけない)ようにするのがマナー
副業バイトには様々あるので、自身の興味あるものや出来ることから探してみる

特に本業である会社との関係が悪くなってしまっては元も子もないので、分からないことは自治体に相談しながら進めていくのがいいでしょう。

今の時代の流れをチャンスと捉えて、副業で給料も増やしながら、より豊かな生活を送っていきましょう。