【完全ガイド】チャットレディとは?稼ぎ方や安全性などを解説!チャットレディを分かるために必要な情報を総まとめ!

副業には様々な種類のものがありますが、女性限定の副業サービスもあります。

その中でも特徴的なものがチャットレディのサービスです。

名前だけでも聞いたことがある人はいるのではないでしょうか。

本記事では、そんな女性限定の副業であるチャットレディのメリットやデメリットなどをご紹介します。

 

目次

チャットレディとは?その仕事内容は?

チャットレディの仕事内容は、基本的に画面越しでお客さんと話をしますが、ジャンルによって若干仕事内容が変わってきます。

チャットレディには、エッチなことをする「アダルト」と、脱がずにただおしゃべりをする「ノンアダルト」というものがあります。

「アダルト」の場合は、お客さんからのリクエストに応えて、アダルト行為をするのがお仕事です。
(場合によっては、大人のおもちゃをリクエストされることもあります。)

アダルトなことをするので、基本的にチャットの報酬は高めです。

必ずしも過激なことをやらなければならない…という訳ではありませんので、自分にあったやり方でチャットをするようにしましょう。

「ノンアダルト」の場合は、アダルト行為は一切せず、ひたすらお客さんとお話するのが仕事です。

趣味の話、仕事の話…なんでも構いません。
アダルトと違って肉体的な負担は少ないので、ひたすらおしゃべりをしたい人におすすめです。

ただ、その分報酬も安くなりがちです。

中には「ノンアダルト」と知ってアダルト行為を要求してくるお客さんもいますので、アダルトよりも若干ストレスを感じるかもしれません…。
しかし、基本的にアダルト、ノンアダルトにやってくるお客さんは紳士的な人が多いです。

キャバクラや風俗と違い、危険な目にあうことは少ないので是非試してみてくださいね。

「アダルト」か「ノンアダルト」は、任意で選べます。

強制ではないので、自分の好きなジャンルを選ぶといいでしょう。

また、チャットレディはお仕事場所も選ぶことが出来ます。

チャットレディには通勤型を在宅型があります。どちらにもメリット、デメリットはあります。それぞれに分けてご説明します。

チャットレディの通勤型はどのようなメリット・デメリットがある?

通勤型はその名の通り全国の主要都市部にあるプロダクション(代理店)にに登録し、そのまま通うことです。チャットをするために必要な設備、環境は全て整っているので体一つで出来ることが魅力ではないでしょうか。

在宅と違って報酬率は低いですが、「その分スタッフからの手厚いサポートを受けられる」「身バレを気にせずに働くことが出来る」「自前でPCやWebカメラを用意しなくても大丈夫」とったメリットがあります。

実家で暮らしているため働けない…、PCが苦手で自分で登録出来ない、身バレするのが怖いという方は、通勤を利用してみるといいでしょう。

デメリットとしては、運営会社とパフォーマーさんとの間にプロダクションが入るので10~20%の手数料を引いた金額が報酬になり在宅より報酬が少ないのがデメリットです。

業者と呼ばれる通勤型では、共通して背後に二人がけほどのソファと人形が置いてあるのですぐに判別出来ます。業者には経験豊富なスタッフの方が付いているようですが、サイト内のトップページの一言コメントはアダルト行為を臭わせるようなものばかりです。

これは業者の方が書いているという噂もあり、他にも賃金支払いの遅れ、ノルマやペナルティがあったりと言う噂もあります。

あくまで噂ですので、信用できる業者を選ぶ必要があります。

チャットレディの在宅型はどのようなメリット・デメリットがある?

一方在宅型はチャット運営会社とパフォーマーさんが直接契約を結ぶためそのままの報酬を得ることが出来ます。
しかし設備、環境は自分で用意する必要があります。

具体的に在宅チャットレディで必要なものはどのようなものでしょう。

まず最初に必要な物はパソコンやスマホ、パソコンの場合はWEBカメラです。これさえあれば登録後すぐに始めることが出来ますが、マイクはあったほうが便利です。

タイピングだとどうしても文字を打ってる間、時間のロスがありますし、マイクで会話した方がお客さんとのコミュニケーションがスムーズになります。そして何より収入にも大きく影響が出ます。

WEBカメラは2,000円ほどで買えるものから数万円のものまで様々です。

基本的に最初は安い物を使っていましたが、信じられないほど画質が悪いため、お値段は高いけど元はすぐ取れるので一万円前後のカメラを買うことをお勧めします。

がチャットレディのカメラと言えばロジクールのc920というカメラであるほど人気です。初めて接続した時はあまりにもの綺麗さに感動するほどです。

それと同時にほうれい線、肌の汚さが目立つようになりスタンドライトとLEDシーリングライトも購入したほうがいいかもしれません。

シーリングライトは暖色付きだとお値段が高くなってしまうのですが、暖かく柔らかい雰囲気になるのでお勧めです。

 

「在宅」は、自分の家で出来るので、空いた時間にチャットをすることができ、家にいながらお小遣いを得ることが出来ます。

報酬率も通勤より高く、工夫をすれば高収入を得ることも可能ですが、「チャットをする前に部屋をきれいにしておかなければならない」「PCやWebカメラを用意しなければならない」「家族や彼氏にバレやすくなる」「部屋を見られてお客さんに住所を特定されてしまう」といったデメリットもあります。

特に、実家ぐらしでチャットレディをやると、高確率で家族にバレるため、身バレを防ぐなら通勤に切り替えたほうがいいでしょう。

 

続いてはチャットレディになるための方法について解説していきます。

チャットレディになるためには?

チャットレディは、基本的に18歳以上(高校生不可)なら誰でもなることが出来ます。
人妻系は23歳~25歳以上でないと登録出来ないので注意してください。

チャットレディをする際は、自分で求人に応募をするか、スタッフさんに登録してもらうかのどちらかになります。(後者は通勤のみ可能)

どちらにしても、本人確認のために身分証明書が必要になってきますので、必ず用意しておきましょう。

チャットレディを行うのに必要な身分証明書はこちらです。

・運転免許証
・保険証
・パスポート
・住民基本台帳カード
・マイナンバーカード(通知カードは不可)
・顔写真付きの学生証
・住民票(取得から6ヶ月以内のもの)

https://pokewaku.jp/blog/entry/
↑ポケットワーク公式サイトより

代表的な身分証明書は上記の通りです。
基本的に運転免許証やパスポート、マイナンバーカードといった顔写真付きの身分証を持っていれば登録可能です。

どうしても持っていないという場合は、保険証や住民票でも代用可能です。

マイナンバーカードの場合、身分を確認するために要求をされるので、マイナンバーを控えられることはありません。
安心してくださいね。

身分証明書を提示する方法はいくつかあります。

・登録時に身分証明書+身分証明書と自分の顔が写った写真を送信
・カメラテストの際に、身分証明書を提示
・身分証明書のみ送信

サイトによって提示方法は違ってきますので、始める際にあらかじめ確認しておきましょう。

それでは、いよいよチャットレディでお金を稼ぐまでの流れをご紹介していきます。

チャットレディでお金を稼ぐまでの流れは?

【初心者でもおすすめ!】副業としてのライターのはじめ方

チャットレディでお金を稼ぐまでの流れを大まかにまとめると、こういった感じになります。

1.公式サイトに応募
2.個人情報の記入と身分証明書の提示
3.プロフィール登録
4.サイトにログインし、待機を開始する
5.チャット開始
6.報酬がたまったら、申請し給与振込

まず、公式サイトにアクセスし必要な項目を入力しましょう。
氏名、年齢、住所、電話番号やメールアドレスといった情報を入力したら次は身分証明書の提示です。
サイトによって提示方法が異なりますので、案内に従って行うようにしましょう。

審査が終わったら、パスワードとユーザーIDが配布されますので、案内に従ってログインします。
ログインをしたら、プロフィール登録です。

プロフィールはお客さんを惹きつけるために大事なものです。
なるべく細かく書いておくといいでしょう。
ただ、あまり正直に書いてしまうと身バレしてしまう可能性がありますので、年齢は若干盛る・出身地も若干違うところにするなど設定しておくといいでしょう。

プロフ写真は、加工したほうが身バレ対策にも繋がりますし、お客さんを惹き付けやすくなるのでおすすめです。

プロフィール登録をしたら、次は待機です。

待機時間は、基本的に給与が発生しませんので、お客さんをどう惹きつけるかが腕の見せ所になってきます。

待機をしていて、お客さんとつながったらお仕事開始です。
挨拶をし、色々と会話をしていきましょう。
チャットレディのお給料は基本的に分給制なので、長く話せばその分高時給に出来ます。

運悪くチャットが切れてしまっても、次また待機をしていればいずれお客さんと繋がります。
ぜひ試してみてください。

お客さんと長く話し、ある程度給料を得たら、振込申請をしましょう。
最低金額を超えれば、3営業日以内に指定の銀行口座に振り込んでもらえます。

在宅で仕事をして日払いをする際、手数料が引かれるので注意してください。
最低金額はサイトによって異なりますので、あらかじめ確認しておきましょう。

通勤の場合は、基本的な流れは一緒ですが、報酬は即時手渡し・銀行振込のどちらかを選ぶことが出来ます。
即時手渡しの場合、手数料などはかかりませんので安心してください。

https://pokewaku.jp/salary/
↑ポケットワークの報酬について

「今すぐにでもお金がほしい」という人は、即時手渡しを。
「まとめて口座に振り込んでほしい」という人は、銀行振込を選ぶようにしましょう。

事務所によっては、週払いをしてくれることもあります。
その時の目的によって、支払い方法をその都度変えていくといいでしょう。

以上で、チャットレディの仕事内容・なる方法・報酬を稼ぐまでの流れについての解説を終了します。
チャットレディは仕事内容もキャバクラや風俗と違って比較的ラクで、精神的・肉体的な負担も少ないのが特徴的です。

頑張れば頑張るほど報酬もアップし、空いた時間にアルバイトをすることが可能です。
在宅でもお仕事は可能ですが、「実家だから仕事できない」「初めてやるから不安…」という人は通勤がおすすめです。

通勤の場合、即時手渡しで報酬をもらうことが出来るため、おすすめです。
チャットレディは、学生・フリーター・主婦・OLの副業にぴったりです。

 

チャットレディの報酬

 

皆さんが気になるのはやっぱりお金のことですよね。

チャットレディの報酬は完全自由制なので、頑張れば頑張るほど多く稼げます。 アダルト、ノンアダルトで報酬も変わってきますが、1分間に円50円~75円くらいが一般的と言えます。

具体的な報酬計算

チャットレディの報酬は一分単位で加算されます。その中でもパーティチャット、2ショットチャットで計算方法が変わります。

例えば、1分間の報酬額が50円の場合で計算をすると

パーティチャットの場合

一分間に3人の男性とチャットする

1分50円×60分×3人=9000円 になります。

2ショットチャットの場合

1分50円×60=3000円 になります。

2ショットの場合、一対一の接客になるので1人分の料金が報酬になります。

パーティの場合は、見に来てくれた人分が報酬に加算されます。

アダルトとノンアダルトどっちがいいの?

アダルトは名前の通り、男性の見たい欲求をかなえてあげるお仕事です。

「下着とって~」「〇〇してみて~」などの男性のリクエストに応えていきます。

稼ぐためには断ることはNGとなっていますが、女性にも無理なものがあるので、本当に無理!っていう時は

「ごめんね、それはちょっと恥ずかしいからもう少し仲良くなってからでいいかな?その代わり~」

といったように断ることもできます。その時自分が代わりにできる事などを付けて発言すると良いです。

アダルトの方が報酬が高いので、高収入も狙えます。

私の場合は1日3時間やって1か月で40万円くらい稼いでます。本業超えてますw

ノンアダルトですが、感覚的にはYouTubeやニコニコ動画での生放送している感覚で沢山のお客さんとお話しできる場になります。

同じ趣味を持つ方や、悩みを持つ方もいます。カウンセラーにも近いことをする時があります。

但し、ノンアダルトとはいえ、男性側消費ポイントも低いため簡単にアダルト要求してくる方もいます。

そんな時は、しっかりお断りしましょう。

脱ぐならアダルトで!

私はノンアダルトはあまりしませんが、友達がノンアダルトをやって1日3時間やって1か月30万稼げた!と言ってました。

どちらも稼げますが、一回で大きい金額を稼ぎたい方はアダルトをお勧めします。

参考サイト様 (https://chatredekasegu.com/tyatoretoha

 

チャットレディの危険性・デメリットは?

個人情報の流出

チャットレディは、基本的には安全なお仕事です。匿名で働けて、プロフィールには嘘を書いてもOKなので個人情報が流れることもありません。

それでも、確実に流れないわけではありません。

それは、お客さんに自分の個人情報を話してしまった時です。

初めてのお客さんには話すことはありませんが、チャットレディを始めて1年も経つと常連さんができ

「この人いい人だ」と心を許して軽々と個人情報を話してしまう危険性があります。

どんなにいい人だとしても個人情報は話さないようにしましょう。

チャットレディの自分はもう一人の自分、と心に刻んでおくといいです。

動画の流出

これはアダルトサイトによくあるものです。

お客さんとお話をしている時に、その様子を録画されている可能性があります。 (アダルトパフォーマンス中)

これは私が実際にあった話なのですが、お話ししていた時カメラのシャッター音が聞こえました。

「今撮りました?」と聞いても「撮ってない」しか言わないので、聞いても意味ないです。

ネット上なので、自分の動画が流出している可能性が高いです。

身バレを防ぐために、いつもと違うメイクやウィッグをつけてチャットすると危険性が弱まります。

「会いたい」と言われ…

これはチャットレディにありがちです。

ですが、基本的に「もう少し仲良くなったらね~」くらいではぐらかせれば問題はありません。適当に断ってください。

しかし、お客さんから「会いたい」と言われ、いい人だからと会ってしまう人がいます。

理由はチャトレがお客恋をさんにしてしまうからです。

「優しくて、お金持ちで、イケメン…」

そんな男性が居たら…私も会いたくなっちゃいます。

ですが、実際に会うのは凄く危険行為で後々「ストーカー被害、性病」などトラブルに発展する可能性が高いです。

絶対に会わないようにしましょう。

稼げるのは一部の人

「誰でも簡単に稼げます!」などの広告をよく目にしますね。

しかし、現実はそんな簡単に稼げません。

口コミをみてみると

「全然稼げない」「普通に働いた方が稼げる」など書かれています。

アダルトで一か月100万円稼いでいる人など本当に極少数です。

稼げるポイントとして、初めて登録した場合「新人割引」としてお客さんの方は割引されます。

その新人期間にどれだけ多くのお客さんをとれるかがポイントになってきます。

自分の存在を相手に知らせるために、ログイン時間を増やすのも大切ですね。

ただ、すぐには数十万も稼げないので日々努力が必要です。

仕事へのストレス

仕事にはストレスがつきもの、チャットレディもストレスが溜まります。

「待機してるにも関わらず誰とも繋がらない」「暴言を浴びさせられる」「お客さんから無理難題を言われる」「しつこい」など沢山のストレスが押し寄せ、メンタルの弱い女性はすぐに辞めたくなるかもしれません。

ノンアダルトに関しては、愚痴を聞いたり、お世辞を言ったりなど相談関係が多いので、「聞き役」に徹することが多いです。

なのでチャットレディは「聞き上手な女性」でないと難しいかもしれません。

昼夜逆転になりやすい

女性にとって一番の強敵ですね。

チャットレディの仕事をする方は夜の方が多いです。 何故なら、男性の人数が夜から深夜にかけてが一番多いからです。

本業より稼げる人は、睡眠時間を惜しまずに徹夜で仕事をしている方もいます。 しかしこれでは体に支障がでますね。

それを防ぐために、スケジュールを組んでおくと無理なくお仕事をできます。

「この日は何時から何時まで」と決めておくと、しっかり自分の時間も作ることができて、ストレスも少なくなります。

おすすめです。

参考サイト様 (https://maillady-happi.jp/chatlady-demerit/

初めての方におすすめのチャットレディサービス

「チャットレディやってみようかな?」

そんなあなたに!

私がおすすめする、チャットレディサービスをご紹介します。

まずはアダルトサイトから

おすすめのチャットレディアダルトサイト

ファンザ(元DMM)

大手ライブチャットサイトですね。

こちらはアダルトだけではなくノンアダルトも取り扱っており、気分でアダルトかノンアダルトか決められるところが大きいです。顔出しは任意なので無理に出す必要はありません。

報酬も2ショットチャット1時間最大7500円、パーティチャットだと3000円となかなかの高報酬です。

エンジェルライブ

こちらのサイトが私一番のおすすめサイトとなります。

1分当たりの報酬がどこのサイトよりも高く、アダルトパフォーマンスがやりやすくなる「モザイクカメラ」アプリがあります。性器が見えてはだめなので、初めての方でもパフォーマンスしやすいのもポイントです。

これがあるだけで私はすごく助かってます…

又、イベントにもよりますが、特徴として

「お客さんは割引!報酬はそのまま!」というものが多く、「お客さんが入りやすく稼ぎやすい」というのも私の中では評価が高いです。こちらも顔出しは任意なので、無理に出す必要はありません。

報酬は1時間に2ショットチャット6000円、パーティチャット3600円と高報酬です。

ノンアダルトサイト

ライブでGOGO

ノンアダルトといえばここ!というほど有名なサイトです。

こちらは顔出し必須となりますが、安心安全なサイトです。

報酬は1時間に2ショットチャット4200円、パーティチャット3360円となっています。

ノンアダルトにしては高収入かなと感じます。

以下より実際にチャットレディを体験した方の経験談をご紹介します。

 

実録! チャットレディの体験談

chatgirl_zituroku

チャットレディ歴13年の経験者が語る、チャットレディの裏側

わたしがチャットレディを始めた2006年当時はスマホはない時代でチャットサイトも多く存在し、どのサイトもかなり賑わっていました。それから13年、スマホが普及し、インターネットがどんどん身近な存在になって行き月日の経過とともに一つ、また一つとサイトが潰れて行き現在のチャット業界は目に見えて過疎化して来ています。あの頃はよかったなとしみじみ振り返ることが最近は多いですね。

わたしの場合はノンアダルトと言うことが絶対条件です。
最初に目に留まったのは登録をしたサイトはライブでゴーゴーでした。マシェリ、BBチャットに並ぶ三大大手の一つです。こちらを選んだ理由はノンアダルトを徹底していると言う口コミが最大の決め手でした。始めたばかりの頃は右の左もわからずあまりの緊張で体中震えていました。

最初はどのサイトも新人割引期間が設けられていて会員さんはかなりお得に新人さんとチャットをすることが出来ます。この新人期間はパフォさん(チャットレディ、パフォーマーの意味)にとっては非常に大切なものです。わたしは先で述べたある出来事がきっかけでその期間を自ら逃してしまいました。チャットレディをやっていると誰もが経験するであろうことだと思うのでその出来事についてわたしの経験談を書かせていただきます。

チャットレディでの色恋とは?

それは俗に言う色恋と言うものです。

わたしの場合は初めてのインで一番最初に来てくださった会員様でした。この方は音声のみのチャットスタイルでした。自己紹介から始まりたわいもない世間話、この方は馬が大好きでわたしの地元が馬産地で、過去に馬関係の仕事に携わっていたこともあり割とすぐに仲良くなることが出来ました。馬の話がきっかけなのかその方は10分ほどの短時間ではあったけど頻繁に来てくださるようになり会話自体はとても楽しかったです。しかしチャットの回数を重ねるうちに異変を感じるようになって来ました。ちょこちょこと結婚と言うワードが出てくるようになり、それはどうやらわたしが相手になっているようなのです。現実的な話をすると、わたしはチャットレディとしては仕事と言う意識しかありません。

人のことを好きになる瞬間はどこで訪れるものかはわからないと思います。もしかしたら会員様のことを好きになってしまうことがあるかもしれませんが、チャットレディをはじめて13年目を迎えた今でも一度もありません。ましてや、この会員様のことは会話の中たら多少の人間性や趣味などはわかるにしても、声しかわたしにはわからないのです。わたしは何一つなびくことがないどころかどんどん引いて来ました。そしてとりあえず毎回お礼だけ伝えてチャットしている時間耐えてましたね。

当時は会員様の所持ポイントがこちら側からも確認することが出来たので1分ずつ減って行くのを適当に誤魔化しながらひたすら見つめていました。しかしそんな適当な返しもどんどん通用しなくなって来て、自分が精神的に追い詰められて来ました。その頃には会員様はもう一方的な要望が膨らみすぎて、わたしの自宅の最寄郵便局留めで婚約指輪を送ると言う段階まで来てしまいました。

ここで、もうどうすることも出来なくなりお断りしたのですが、そこで会員様は大激怒。かなり文句を言われました。わたしは一言も交際や結婚を承諾するようなことは言ってないのですが。。。しかし適当に誤魔化してたのが仇となったのでしょう。この日のことがきっかけでわたしはインすることに恐怖を感じるようになりライブでゴーゴーからは暫く遠ざかりました。

チャットレディをするならサービス選びが大切!

それからはマシェリ、BBチャット、当時あったガールズオンエアー、ライブでチャットと言うノンアダルトサイトに登録し、その時の気分であちこち行き来しました。

ノンアダルトサイトとは言え、アダルト会員は必ず存在します。聞けば、ノンアダサイトでパフォさんを脱がすことが出来るのは一つのステータスとなるようですね。新人期間=何も知らないと思い込みここぞとばかりにアダルト会員に狙われるのも事実です。最近は運営が会員さんを増やすことに力を入れているようで、スマホ会員さんがかなり増えました。長くパフォをやっていると接続されて数秒でアダルト会員か優良会員様か判断出来るようになります。

あくまでわたしの経験に基づく見解ですが、スマホから接続して来る方はほぼアダルトと言っていいでしょう。立って全身見せてと言ってくる方もアダルト目的の可能性が高いです。チャット重ねていくうちにいろいろな知識や免疫が身について来ます。自分自身もある意味強くなれると思います。そして常に警戒心は持つようにです。

GOA、ライブでチャットは今はもう無きサイトです。こちらの2サイトの記憶はあまりないのですが、過ごしやすかった印象はあります。
マシェリ、BBチャットは表向きはノンアダではありますが、残念なことにアダルト会員で溢れ返っています。ゴーゴーにイン出来なくなってからはこの4サイトを利用しましたが、マシェリとBBチャットはアダルトにプラスして癖の強い方が多く恐怖しか感じませんでした。

インすればたくさんのメールが飛んで来て見せて、脱げますか?は日常茶飯事でした。どのサイトにも新人さんの特典があり、登録後一定のポイントに達成するとボーナスがもらえます。BBチャットはこのボーナスを頂いて退会しました。マシェリに関しては待機することさえ少し不安になり再びチャット界から遠ざかることになりました。

ノンアダルトだと謳っていてもアダルト会員が多いのは運営がどこまで管理しているか、対処しているかが重要だと思います。数々のサイトでチャットを経験しましたが、現在残っている三大大手の中ではライブでゴーゴーがアダルトに関しては徹底していると思います。過ごしやすさで言えばダントツで一番です。常に監視して回ってくれていますしね。 結局いろいろなサイトを巡りライブでゴーゴーが一番だなと自分が感じました。もちろん、アダルトが全然OKな人はどこでも稼げてしまいますが。

これからチャットレディをはじめる人へ

現在はマシェリ、ライブでゴーゴーに籍があり、メインはゴーゴーです。何故不安を感じてまでマシェリを退会しないのかと言うと、それは年々チャット自体が衰退して言ってるのが目に見えて感じるからです。ゴーゴーは会員様がどんどん離れて行きもはや過疎状態に近いです。

マシェリの方は無法地帯ではあるけど、それなりにチャットには繋がります。これから登録を考えている方は一つのサイトではなく複数登録をし、その日のイベントに合わせて使い分ける方が効率的かと思います。時代と共に様々なことが進化し変わって行く中でチャット業界は氷河期に突入していて近い将来なくなってしまうのではないかと口々に囁かれています。

三大大手でさえ潰れると言う噂があります。チャットレディ募集の記事を見ると必ず楽して稼げる、高収入を言うワードが出てきますが、この世の中、そんなうまい話はありませんよ。もちろんわたしもこの言葉につられチャット業界に足を踏み入れた一人です。時給3000円前後ですから間違いなく高収入です、しかしその裏にはたくさんのリスクが付いてくるからこその高収入なのです。ボタン一つで記録が残りネットにはそれが一生残ります。時代は日々進化し、それが危険に繋がると言うことは忘れないください。

お金に変えられない一生の財産にもなる。チャットレディをやってみて、、。

悪いことばかり書きましたが、もちろんいいことだってあります。その面で考えるとやはりおすすめはゴーゴーかと思います。このサイトの最大の魅力は他のサイトにはないDSチャットと言うものだと思います。

パフォさん二人に対し会員様が人数無制限で入れるチャットスタイルで、わたしはこれを通じて全国各地にパフォ友達が出来ました。そして何より一人ではないと感じることが出来ます。悩むことや辛いことがあれば話を聞いてもらうことが出来るし、共感してくれる人がいるのが自信に繋がるし、勉強にもなります。悪いこと、いいことの情報も仕入れることが出来ます。

わたしがチャットの世界で頑張れるのは間違いなくいろいろな方に支えてもらっているからです。それはお金には変えられない一生の財産になると思って今日も待機をするのであります。

チャットレディの確定申告は必要?経費として申請できるものは?

チャットレディが確定申告が必要か否かは年間の収入の合計、副業としてやっているのか、本業としてやっているのかによって異なります。
そして誤解しがちなのですが、チャットの収入は給料ではなく報酬と言う形になります。

副業としてやっている方は年間の報酬が20万円以上、本業としてやっている方は38万円以上になると確定申告が必要になります。

わたしは6年前の結婚を機に仕事を退職しており、現在は扶養の範囲内でチャットレディをやっており、青色申告の届出をしています。
それにより経費にプラスして10万円の控除を受けています。

毎年確定申告の時期になると頭を抱える方は少なくないのではないでしょうか。

経費として申請できるものとは?

チャットをするにあたって必要な物だったり環境にかかるお金は経費として計上出来ます。経費として申請するために領収書の保管、帳簿を付けることも必要です。

衣装、化粧品、グッズ、部屋代として家賃の一部、プロバイダー、電気、チャットをするのに必要なものはこれらでしょうか。

申請して認められるかどうかは税務署の判断によりますが、税金に大きく関わってくるので考えられるものは全て挙げておくべきです。

経費として認められるかどうかに関してはわたしの見解に過ぎませんが、住んでいる場所によっても違うような気がします。厳密に言えばチャットレディと言う職業の認知度かもしれませんね。

人口の多い地域に住んでいる方は確定申告をする人数もかなり多いため税務署の方も流れ作業のように対応しているかと思います。悪く言えばしっかり見ていない、そんな余裕すらないのかもしれませんね。

確定申告の時期に知り合いのパフォさんに相談することがよくあるのですが、この方の住まいは都市部、パフォ友さんに会いに行くのにかかった料金さえ経費として認めてもらえるそうです。

逆に田舎に住んでいる方は人数も少なくゆっくりじっくりと見られます。

わたしがこちらなのですが、申請に行った時は自分一人だけでした。まずはチャットレディとは何かの説明から始まり、経費としてカラーコンタクトを申請したのですが、これは普段の使用する可能性があると言われ却下されました。

わたしの住んでいる地域で認められたものは、部屋代、寒い地域ですので冬期間の灯油代、プロバイダー料金くらいです。その年の担当によってコンタクト代金が認められたことがありました。

わたしは無駄なお金はかけたくないので全て自分でやっていますが、税理士さんにお願いすると言う方法もあります。

 

最後に

 

いかがでしたか?

チャットレディのサービスは、稼げることに間違いはありませんが、リスクも存在します。

しっかりと情報収集をして、自分ができる範囲で利用して報酬を得ましょう!