【最新】仕事に行きたくないを解決するオススメの副業 |会社に行かないで副業をやれ!

この記事では、仕事をしたくないと感じている方に、どうやって副業で稼いでいけばいいのか?副業で稼いで会社を辞めて、自分の自由な時間とお金を手にして、家族や自分一人の時間を悠々自適に過ごすことが出来るのかをお伝えしていきます。

あなたは毎朝「仕事に行きたくない」と感じていませんか?

「一生仕事をしないで生きていけたら良いのにな~」

誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか?

会社なんてもう行きたくない!
仕事を早く辞めたい!

そう思っているのであれば、会社員以外の選択肢を見つけたほうが良いかもしれません。

私たち日本人は、今まで会社員になるという選択肢しか与えられていませんでした。

小・中・高と学校に行き、先生や親からは、「良い大学に行け、そうしたら、良い企業に就職できて、他の人よりも良い給料をもらえるから」と言われて生きてきたと思います。

そうやって育てられてきたから私たちは、会社員になるという選択肢しか見えていなかったのです。。。

「あなたらしい人生を創造する」

「あなたらしい人生を創造する」

人生とは自分の選択次第で、いかようにも変化させることが出来ます。

今の会社を選んだのも、今の奥さんを選んだのも、朝早く起きて満員電車に乗って会社に行くと決めたのもすべてあなたの決断です。

親を選ぶことはできないという方もいるかもしれませんが、一度生まれた命をどうやって生かすかはあなた次第なのです。

選択できないことを悔やむのではなく、限られた選択肢の中でより良く生きるためにはどうすれば良いのかを考えることがあなたの未来を形作っていきます。

ですから、もし今あなたが会社員で毎日毎日残業をして疲れてしまっているのであれば、一歩立ち止まって、あなたの人生を考えてみることが大切かもしれません。

今回の記事は、そんなあなたの人生を考えるうえで、ちょっとしたきっかけになれば嬉しいです。

広告

なぜ、仕事に行きたくないと考えてしまうのか?

なぜ、仕事に行きたくないと考えてしまうのか?

あなたは、こんなことで悩んでいませんか?

  • 仕事でミスばかりしてしまう
  • 長時間労働
  • 達成困難な目標を設定させられている
  • 仕事にやりがいを感じられない(やりたい仕事ではない)
  • 職場の人間関係に悩んでいる
  • 通勤の負担が大きい

こういったことが原因で、「仕事に行きたくない」という気持ちが出てきてしまうのは仕方がないことかもしれません。

仕事をしたくないという気持ちを引きずったまま、仕事をしてしまった結果、業務に集中することができず、些細なミスを繰り返すことが増えてしまいます。

ミスを繰り返すと、周りの人があなたに対して不信感を募らせるケースも出てきてしまうでしょう。

それが原因で周りからのプレッシャーを感じ、ますます会社に行きたくないと感じてしまうこともあります。

このような負のループに陥ると、なかなか状況を打破することができなくなってしまいます。

さらに言えば、あなたが「会社に行きたくない」気持ちは、多少なりとも周りも気づいてしまうものです。

そんなあなたの様子を見て「やる気があるのかな?」と疑問に思う人も出てくるでしょう。

また前述したように集中していないのが原因でミスを繰り返すと、周りの人との人間関係が悪化するケースもあります。

あなたのミスの対応に追われて、「もう一緒に仕事をしたくない」と感じる人も出てくるかもしれません。

仕事に行きたくないは危険信号

仕事に行きたくないは危険信号

「会社に行きたくない」気持ちは、身体的・精神的な危険信号の可能性もあります。

例えば脈がおかしくなったり、吐き気がしたり、涙が出たりするなど、深刻な体調不良を伴う場合、うつなどの可能性も出てきます。

最悪の場合、自殺まで考える人が出てきてしまうかもしれません

警察庁自殺統計原票データよると、平成30年の自殺者数は20,840人となっています。

厚生労働省「警察庁 自殺統計原票データ」

日本の自殺者は、諸外国に比べて若者が多いとされています。

そして、自殺者の98%がうつ病などの精神疾患に罹患していることが数多くの調査研究から確認されています。

では、なぜうつ病が増えているのでしょうか?

多くのうつ病患者が自殺してしまう一番の原因は、職場の人間関係が最悪だったり、仕事をしたくないから、会社に行きたくないというのが主な原因なのです。

個人の問題だと片付けてしまうのは簡単ですが、それで解決するほど簡単な問題ではありません。

実は、自殺は社会の問題なのです。

どんなに個人的なリスクを抱えている人でも、人は環境次第でいくらでも変わります。

人は他者から受け入れられなければ生きていくことができません。

誰かに必要とされているからこそ、生きることができるのです。

でも、社会からお前は必要ないというレッテルを押された瞬間にその人の存在価値はなくなります。

だからしかたがなく、「死」という悲しい選択をしてしまうのです。

日本という社会はいまだ、いくらグローバルだ、ダイバーシティだと叫んでいても、多様性を受け入れられない国なのです。

まるで国葬のように、同じリクルートスーツを着た若者たちが就活戦線に挑み、

たった一回でも失敗すればレールから外され、

勝ち組だの負け組だの、何を基準にいってるのかわからないグルーピングが行われている社会の、いったいどこに「それぞれ」だの「多様化」があるというのでしょう。

違いを認めあえない社会とは、共同体が破壊した社会なのです。

自殺は「追いつめられた末の死」であり、「避けることのできる死」なのです。

最近ではアベノミクスなどの影響で景気が良くなり、自殺者は減少を辿っていますが、それでも年間2万人が自殺しているというのは、見逃せない事実でしょう。

会社に行きたくないという気持ちが、最終的には自殺という悲しい結末を生んでしまっているのです。

では、どうやって「仕事に行きたくない」「仕事をしたくない」という気持ちを解消することができるのでしょうか?

「仕事に行きたくない」「仕事をしたくない」の対処法

あなたが自殺という悲しい選択をしないためには、いくつかの対処法があります。

会社に行きたくないのであれば、いっそのこと会社を休んで趣味に打ち込んでみたり、誰かに悩みを相談したりするのも一つの解決策かもしれません。

ですが、手っ取り早い解決方法は、今働いている「環境」を変えてしまうことでしょう。

具体的に言うと、転職することをオススメします。

あなたの人生ですから我慢する必要はありません。

今やっている仕事に誇りを持てないのであれば辞めれば良いだけです。嫌な上司がいるのであれば、さっさと辞表届を出してしまいましょう。

一つの会社でしか生きていけない人生なんてつまらな過ぎます。あなたはもっと自由に、自分のやりたいように生きても良いのです。

世の中には、様々な職種がありますから、自分が合わないと思った仕事であれば、さっさとやめて次の職種を試してみればいいのです。

  • 営業系:人と関わるのが楽しい人向き
  • 事務系:細かい作業をキチンとこなすのが好きな人向き
  • 人事系:人の採用や教育に興味がある人向き
  • プログラマー系:オタク系やPCが大好きな人向き
  • 経理系:お金の計算、財務管理とかが好きな人向き

上記の通り、世の中には様々な職種がありますよね。

「最初に入社した会社には3年は働かないとダメだ」

みたいな定説がまかり通っていますが、全く気にする必要はありません。

あなたの人生の貴重な3年を面白くもない、自分の成長にもつながらない仕事に費やして、無駄にしてしまうぐらいなら、今すぐにでも転職して自分のやりたい仕事についたほうが良いのです。

ですが、それでは

一時的な原因の解決には
なるかもしれませんが、
根本的な解決にはなりません

確かに、転職をすれば、今までの嫌な人間関係から離れることができますし、なんの誇りも持てない雑務からも逃れられるかもしれません。

ですが、新しく入社した会社でも嫌な上司がいるかもしれませんし、時間の無駄だと思うような業務を押し付けられてしまうかもしれません。

なので、根本的にあなたが仕事をしたくない原因を解消する必要があります。

そもそもなぜあなたが仕事をしたくないと思ってしまうのか?

なぜ会社に行きたくないのか?

ゲームをしているときや漫画を読んでいる時は時間を忘れて楽しんでいたということがあるのに、なぜ仕事ではその状態にならないのでしょうか?

それは、

「お金を稼がないと生活できない」

と考えてしまっているからです。

本来なら、ずーっとゲームをしたり、マンガを読んだりといった、自分の好きなことに時間を使いたいにも関わらず、本来やりたいことからかけ離れた「仕事」という作業をしなければいけないからなのです。

もし今、あなたの目の前に1億円というお金があったら、あなたは働きたいと思いますか?

思わないですよね?

ずっと自分の好きなことをして、時間を過ごしたいと思いませんか?

でも、今はお金がないから働かざるを得ないんだと考えているのであれば、まずは「お金を稼がないと生活できない」という考え方を辞める必要があります。

お金がなくても生きていけるということが腑に落ちれば、逆にいくらでもお金が稼げるようになるのです。

私たち日本人は、世界に比べてとても恵まれていますから、特に無理して働かなくても生きていくことは可能です。

それこそ、仕事をしないで生活保護だけで生きていくことも可能なのです。

国のお世話になりたくないという方もいるでしょう。

ですが、もともと多額の税金を納税しているのですから、多少のお金を国からもらっても誰からも文句を言われる筋合いはないのです。

ただ、自分の良心が痛むという方もいらっしゃるでしょう。

なので現実的な答えとしては、生活保護をもらって生活をしろということではなく、「会社なんてやめても何不自由なく暮らせる状態」を作ることが最も最適な解決策になるのではないでしょうか?

まずは、

「会社なんて辞めても大丈夫」
というマインドを持つことが大切

です。

でも、実際にいきなり会社を辞めろと言われても、なんだか実感がわかないですよね?

サラリーマン時代は、会社に守られていて、普通に会社に出勤さえしていれば、毎月決まった給料が入ってくるわけですから。

会社を辞めたらどうやって生活していこうと思われても不思議ではありませんし、将来のことが不安になるかもしれません。

だからこそ、会社なんて辞めても何不自由なく暮らせる状態を作るべきなのです。

そのためには、会社員としてもらえる給与以外の収入源を得なければなりません。

先ほども言ったように、なぜあなたが会社を辞めることができないかと言うと、会社員を辞めてしまった時に、生活していくお金が得られないからです。

会社員を辞めてバイトをして生きていくぐらいなら、会社で働いていたほうがマシ。

世間の目線もあるし。
会社員を辞めても特にやりたいことがあるわけでもないし。。。

というのが本音でしょう。

だからこそ、まずは、会社員をしながら会社にバレない副業をして、月に10万円以上の収入を作ることを目指してみたら良いのではないでしょうか?

それも、平日の夜や休日のスキマ時間を使ってです。

これなら普段の仕事にも影響はありません。

そのためには、さっさと定時で退社するのを徹底してください。会社に遅くまでいても、あなたが得られることはほとんどないのですから。

話がずれてしまったので元に戻すと、

月に5万円の収入がプラスされるだけでも年間収入は60万円増えます。1回分のボーナスぐらいは稼げるのです。

月に10万円稼ぐことができれば、年間120万円の収入アップです。大企業のボーナス波ですよね。

めちゃくちゃ嬉しくないですか?

月に30万円稼げるようになったら、いつでも会社を辞めることができますよね?

「でも、私の会社は副業禁止だし、会社にばれてクビになってしまっては本末転倒だよなー。。。」

と思われるかもしれせませんが、大丈夫です!絶対に会社にはバレません!笑

その方法も他の記事でお伝えしているので、ぜひ参考にしてみてください。

関連記事:会社が副業禁止?バレない副業の方法と種類とは?

 

会社で仕事をしながら、平日の夜や休日の時間を使って副業で稼いだら、もっと人生が良くなるというのが分かっていただけたのではないでしょうか?

でも、副業で稼いだ方がより良い人生を歩めるのは分かったけど、実際にどうやって稼いでいったら良いの?と疑問を持たれるのではないかと思います。

なので、ここからは、実際に副業で稼いでいく方法をお伝えしたいと思います。

2種類の副業 / あなたに合った副業は?

実は、副業には2種類の場合分けをすることができます。

  1. 自分で稼ぐ方法
  2. お金にお金を稼いでもらう方法

この2種類です。

あなたはどちらの副業が良いですか?

多くの方は2番目の「お金にお金を稼いでもらう方法」が良いと答えるのではないでしょうか?

その考え方は間違っていません。素晴らしい考え方だと思います。

しかし、2番目の稼ぎ方は欠点があります。それは、お金を持っていないと多くの金額を稼ぐことができないということです。

なので、副業でお金を稼いでいくには、1番目の稼ぎ方から徐々に2番目の稼ぎ方に移行していく必要があります。

あなたはキャッシュフロークワドラントというお話を聞いたことがありますか?

ロバート・キヨサキ著の「金持ち父さん・貧乏父さん」の中で紹介されている考え方で、職業を4つのタイプに分けて、それぞれのタイプが「お金を得る方法」「どんな仕組みの中に生きているか」「どんな生き方をしているか」といった、人生・お金に関わる違いがあることを説明したものです。

その4つのクワドラントが下図になります。

キャッシュフロークワドラント

出典:4つのクワドラントでお金持ちになる方法

4つのクワドラントは「Eクワドラント」「Sクワドラント」「Bクワドラント」「Iクワドラント」の4つに分けられています。

それぞれ英語名の頭文字で

  • Eクワドラント・・・Employee(従業員・サラリーマン)
  • Sクワドラント・・・Self-employed(自営業)
  • Bクワドラント・・・Business-owner(ビジネスオーナー)
  • Iクワドラント・・・Investor(投資家)

となっています。

Eクワドラント(従業員・サラリーマン)

このクワドラントに属している人は、お金(給料)を会社などからもらっている状態です。

給料・時給は一定で、10働いたとしたら、10の対価をもらうことができます。

わかりやすく言うと、時給1000円で週5日6時間働いたとしたらもらえる給料は12万円となりますし、月の給料が30万円と決まっていれば、その給料であなたの一ヶ月の時間を会社は買っているのです。

そして、このクワドラントに属する人は他の誰かに代替することが可能です。

あなたが急に休んだとしても、誰かしらがその仕事を代わりに行えるように仕事がマニュアル化されています。

稼げる額に上限が存在するのもこのクワドラントの特徴です。

例えばあなたが24時間365日を時給1500円で働けるとしても、年収は1314万円なのです。

自由な時間はほとんどなく、1年間働き続けても医者・弁護士の年収の半分もいくことがないのです。

Sクワドラント(自営業)

このクワドラントに属している人は、お金を自分で稼いで、自分を養っている状態です。

給料は一定ではなく、かける時間や能力によっては、10働いて20以上の対価をもらうことも可能です。

例えば工務店を運営している人と会計士事務所を運営している人を比較すると、同じ時間を働いたとしても工務店より会計士の方が給料が大きいです。

これは能力(自身の能力、職業的なもの)が会計士の方が高いので同じ時間でも対価の量が変化します。

またこのクワドラントの大きな特徴として、「自分が動かなくなると稼ぎはゼロになる」と言うのがあります。

常に自分で動き続け、自分で稼ぎ続けないと収入が入らず、一度でも大きな事故(病気・交通事故など)で動けなくなった時に収入がゼロになるのです。

Bクワドラント(ビジネスオーナー)

このクワドラントに属している人は、ビジネスを立ち上げて権利収入からお金を得ています。

ビジネスの立ち上げにかかる時間に対して、得られる対価はとてつもなく多くなり、1以下の働きで100以上の対価を得ています。

なぜこのような比率が可能になるのかというと、Bクワドラントの人は下に人を雇うことで「時間・お金のレバレッジ」を使うことができるからです。

例えば、あるビジネスを思いついて、まずは自分で運営してみます。すると、10働いて30の対価を得ることができました。

そこでこのビジネスを他の人にも提供していき、得られた対価の30%を提供する契約を結びます。

そして、下に20人の働き手が増えたとすると、30×30%×20人=180の対価を1以下の働きで手にすることができるのです。

このように勝手に収入が入ってくる仕組みを作り出せれば、自分がいなくてもビジネスは常に動き続けるのです。

Iクワドラント(投資家)

このクワドラントに属する人は、お金を有望な会社・ビジネス・投資対象に投資することでお金を得ています。

資産を買うことがIクワドラントの人がする行動で、基本的にお金を提供することでお金を得ています。

 

これら4つのクワドラントを見たときに、

あなたは現状、どこに属しているでしょうか?

多くの場合、E(従業員)のクワドラントに属しているかと思います。

ですから、まずは、Sの枠に入らないといけないないのです。

そして、稼いだお金を投資に回していき、最終的にはI(投資家)のクワドラントに入れるようにしていくことで、あなたがより良い人生を生きられるようになるのです。

なので、まずは会社にぶら下がっている従業員ではなく、自分で自分を雇う事業主にならなければいけません。

そのためには、自分で生きていけるスキルを身につける必要があります。

自分で生きていけるスキルを身につけるにはどうしたら良いのか?

スキルは誰でも身につけられる
1年もあれば、副業の収入がサラリーマンの収入を超えることは余裕

このサイトも広告収入だけで運営していますが、
毎月100万円以上は安定して入ってくるのです。

このサイトを作り始めたのは、
去年の10月からですから、
半年もあればそれぐらいは余裕です。

半年=180日

1日1記事書ければ、180記事が集まっているサイトになります

3日に1記事だとしても、60記事が集まっているサイトになります

それぐらいは余裕でできるようになるのです。

スキルがないからとか、
自信がないからとか、
自分にできるかどうかわからないとかは
ハッキリ言ってどうでもいいのです。

重要なのは、あなたが今後、どういう人生を送っていきたいのかということです。

もし、今のままサラリーマンを続けて、自分の時間を提供する対価として報酬を得る奴隷のような人生を選択するのもあなた自身ですし、

自分の力で生きていける力を身に着け、お金も時間も人間関係からもフリーになって、
あなた自身の人生を主体的に生きるという選択をするのもあなたです。

・会社員は費用対効果が悪い

会社員で頑張って給料を1万円あげるのと、
副業を頑張って1万円得るのでは
後者の方が圧倒的に楽(短時間ですぐに結果を得られる)

・労働者は自分の時間を使って、その対価としてお金を得ている

あなたがスーパーなどで買っている商品というのは、
あなたの時間を会社に提供した対価として得ているもの。

だから、あなたがスーパーで何かを買っている時に
支払っているのは、単なるお金ではなくて、あなたの人生における大切な時間を支払っているのです。

10年後の未来を想像してみて下さい

今たとえ、月に3万円でも投資に回すことが出来たら、、、

説明:
はじめに投資された0円に、月々の積立額 30,000円を加え、年利回り 10%で10年間運用し続けた場合の推定資産額は、約 604万円になります。なお、投資した金額の合計は約 360万円です。

資産積立の運用期間

自由になるまでの流れを理解してもらえたでしょうか?

副業をやって自分一人でお金を稼げるようになって、
稼いだお金を投資に回す。

これが一番、人生を自由に生きていける最短の道のり。

でも、じゃあ、どんな副業をやったら早く自由にたどり着けるのか疑問に思う方もいると思います。

10年前と比べると情報量が600倍になっている。

情報過多になっていて、どの情報を選んだらよいかわからなくなっている。

これが一番の原因。

アフィリエイトが良い、ブログを書いたほうが良い、仮想通貨が良い、FX、今は動画の時代だからYoutubeが一番良い。。。

様々な情報があるし、メルマガも何通取っているのかわからないぐらい登録している人がたくさんいる。

脳みそがかわいそう。

本物だけを絞っていったらいい。

オススメの副業に関しては、
コチラの記事を参照してみてください。

関連記事:高額な副収入が期待できる!?おすすめな副業と絶対に始めるべき副収入サービスとは?

副業でお金を増やすことが出来たら、今度はお金にお金を稼いでもらうステージです。

投資でどうやってお金を増やしたら良いのかを知りたい方はこちらから。

今回は誰でも簡単にお金が増やせるロボアドバイザーについて記載しておきます。

関連記事:【2019年】ロボアド徹底比較|楽して稼げるロボアドバイザーは?

まとめ

あなたが「どういう暮らしがしたいのか」
を考える必要があります

常に10年先を見据えて行動する必要があります。

10年後に、「自分はこうありたい」と思う理想や目標を持つべきです。

10年という歳月があれば、人間は何者にもなることができます。

副業を始めて
お金も時間も自由になり
自分の好きな人とだけ付き合える環境を整えることができる

個人の時代になった

「負の感情」を排除する必要があります。

あなたの自由を縛るものが溢れかえっているのが現代の社会です。

  • もう少しお金があれば、、、
  • もっと自分の好きに使える時間があれば、、、
  • 働く場所を選ぶことができれば、、、
  • 嫌いな上司とではなく、好きな人とだけ付き合っていられれば、、、

そんな思いを抱えている人が多いでしょう。

特に大学を卒業して働き始めた社会人1年目、2年目の方であれば、誰もが例外なく1度は考えると思います。

お金、時間、場所、人間関係

人が持つ悩みというのは大きく分けると、この4つに分類されると言われています。

  • 自分にとっての得意・不得意や、好き嫌いをはっきりする
  • 嫌いなものは切り捨てる
  • 必要なものだけ厳選する
  • 好きなことだから続けられる

ここで大切なのは、自分の好き嫌いで判断するのですが、

「自分にしかできない価値を見つける」

ということです。

でも、実際に人はすぐ変わることはできません。

なので、

10年後の自分のために今の自分が何をすればいいのか?

を考える必要があります。

一発逆転を狙うのではなく、コツコツと未来を実現するために今を生きる必要があるのです。

では、会社に縛られることなく、お金や時間、場所、人間関係に一切縛られることなく生きていくために、今、あなたがした方が良いことは何でしょうか?

もうここまで読まれている方であれば答えは明白でしょう。

「自分の力で稼ぐ」必要があります。

なので、今すぐ副業を始めないとまずいですよね。

もちろん、すぐに会社を辞めて自分一人で生きていくというのも良いかもしれません。

ですが、貯金もないし、すぐに稼げるかどうかわからないというのであれば、会社の給与をもらいながらできる副業が現実的でしょう。

定年退職までに5000万円の資産が
必要と言われている

老後資金

老後を不自由なく生きていくためには、65歳の定年退職までに、一人当たり5000万円の資産が必要とされています。

月20万円の支出×12か月(1年)=240万円
240万×20年=4800万円

月に20万円の支出だったとしても、1年間でかかる費用というのは240万円になります。

現在の平均寿命は、女性が87.26歳、男性が81.09歳と言われていますので、65歳で定年退職してから平均寿命までは20年あります。

その結果、65歳に定年退職した場合、平均寿命まで不自由なく生き続けるためには、5000万円の資産が必要になってくるのです。

今後、生活レベルの向上により、さらに寿命は延びていき、人生100年時代とも言われていますので、さらなる資金が必要になってくるのは明白でしょう。

LIFE SHIFT

寿命がさらに延びれば5000万円どころではなく、6000万、7000万、1億円という資産が必要になってきます。

しかも、この金額というのは一切贅沢をしなかった場合の金額ですので、温泉旅行や海外旅行の代金は含まれていません。

仮にいまあなたの年齢が45歳だったとして、65歳までに5000万円の資産を築かなければいけないとしたら、毎月いくら貯金しなければいけないのでしょうか?

分かりますか?

今から65歳まで20年あります。

65歳から85歳も20年です。

65歳から85歳までに毎月使うお金は20万円ですから、今から65歳までの間、毎月20万円ずつ貯金すれば良いということになります。

もしあなたの年齢が25歳だとしたら、毎月10万円ずつ貯金していかなければいけません。

どうですか?今から毎月20万円貯金できそうですか?

ちょっと厳しいなと感じる方が多いのではないでしょうか?

65歳までに毎月20万円貯めるのだとしたら、

収入―消費=20万円(貯金)

という計算になりますよね。

ですから、あなたが毎月20万円以上を貯蓄するために取るべき選択肢は2つだけです。

収入を増やすのか、消費を減らすのかです。

もし今、毎月40万円の手取りをもらっている方であれば、毎月使っている消費を20万円以下に抑えれば毎月20万円を貯めることは可能になります。

ですが、これはなかなか現実的な数字ではないでしょう。

さらに言えば、消費を削ることは精神衛生上あまりオススメできません。

すでに収入が多い方は問題ないと思いますが、収入が少ない方にとってはかなりきつい道になると思います。

ですので、このページをご覧いただいている多くの方は、収入を増やすという選択肢を取る他ないかと思います。

だからこそ、こうやって稼ぐ力を身に着ける必要性を説いているのです。

せっかくのご縁でこのページを訪れてくださったのですから、少しでも稼ぐ力を身に着けてもらって、より良い人生を送って頂きたいと思っています。

  • まずは、自分で収入を得る
  • 得た収入を投資に回す

これが一番賢いやり方。

オススメの副業に関しては、
コチラの記事を参照してみてください。

関連記事:高額な副収入が期待できる!?おすすめな副業と絶対に始めるべき副収入サービスとは?

副業でお金を増やすことが出来たら、今度はお金にお金を稼いでもらうステージです。

投資でどうやってお金を増やしたら良いのかを知りたい方はこちらから。

今回は誰でも簡単にお金が増やせるロボアドバイザーについて記載しておきます。

関連記事:【2019年】ロボアド徹底比較|楽して稼げるロボアドバイザーは?

広告