かんたん、高収入なのはどれ?在宅でOKな副業を紹介!

副業が注目されており、メディアからなどでも見聞きすることが増えていますが、実際にどのような種類の副業があるのでしょうか。この記事では、サラリーマンやOL、主婦の方を対象にした副業のサービスをご紹介します。

 

在宅で出来る副業サービスで稼ぐ

クラウドソーシングサービスで稼ぐ

副業のサービスの中には在宅で行うことができるサービスがたくさんあります。例えば、クラウドソーシングサービスと呼ばれるものを利用すれば、一般の個人でも企業から仕事を受注することができます。全くスキルや資格のない人でもデータ入力をする仕事などもあり、ハードルはとても低いです。

・クラウドワークス

テレビでも注目されたクラウドワークスは資格や学歴などに関係なく、丁寧な仕事をし、単価の高い仕事を引き受けることができれば月額5万から30万まで稼いでいる人がいます。在宅ワークではとても人気で登録者にはノーリスクになります。
デメリットとしては少し手数料が高く、どのような案件にも20%の手数料が発生します。
資格不要で稼ぐなら「クラウドワークス」

 

・サグーワークス

サグーワークスというサービスもクラウドワークスと同様に家でできるテキスト作成などで現金を稼ぐことができます。
文章を書く仕事が多いためアイデア次第で稼ぐことができます。
仕事をしながらスキルアップ!【サグーワークス】

・Bizseek

Bizseekは業界で最も手数料が安いと謳っているサービスです。クラウドソーシングサービスに支払う手数料の違いは、もらうことが出来る報酬に直接影響してくるため、単価の高い案件を見つけることが出来るのであれば、手数料は基本的に安いところを利用するのがいいでしょう。
空いた時間で在宅ワーク【Bizseek】

 

・せどりや転売で稼ぐ

せどりや転売は、一般的なイメージはとても悪いかもしれませんが
自分の趣味や、好きなものがあり、これから人気になりそうなものがわかる人であれば少ない労力で多くの利益を得ることが出来る可能性があります。
どこから仕入れるのか、在庫をどう管理するかなど、考えることはたくさんありますが、ネットオークションやフリマアプリなどを利用して、稼ぐことができます。
オークション・フリマの落札相場なら【オークファン】

・ポイントサイトで稼ぐ

必要なものは特にありません。
ポイントサイトでポイントをためて現金や商品との交換になります。
誰にでもできるので単価は他の複業と比べると安くなっています。
少しでいいので手間なくお金を増やしていきたいという根気がある人が向いています。

ポイントサイトでは、詐欺まがいのサイトもあります。
詐欺かどうかは、そのサイトの口コミを確認して始めるのがいいかもしれません。
運用実績17年の信頼!安心のポイントサイト《ワラウ》

 

 

・チャットレディとして稼ぐ

女性限定ですが、チャットレディとして、携帯電話での会話だけで複業として稼ぐことができます。
30代40代の方でも活躍している人が多いらしく、高収入の副業として人気です。最大時給が7,000円代になることもあり、日払い対応をしているサービスも中にはあります。イメージはよくないとは思いますがノンアダルトのものもあるので、調べてみる価値はあります。
ライブチャット女性募集【グラン】

在宅でブログやサイトなどを運営して稼ぐ

・アフィリエイトで稼ぐ

アフィリエイトとは、多くの人に広めたいと思っている企業の商品を読者にブログなどで紹介することで、報酬を得る方法です。アフィリエイトのメリットは初期費用がほとんどいらず、ブログにたくさん人が集まれば安定的に報酬を得ることが出来る点にあります。

デメリットとしては、ブログを書き続ける根気や、報酬が安定するまでやり続けることに耐えることが難しい点です。文章が書くことが苦ではなく、情報発信をしたい人にはおすすめです。
アフィリエイトサービスA8

 

・アドセンスで稼ぐ

アドセンスもブログを持っていることにより、得ることが出来る広告報酬の一つです。単価は低いもののアフィリエイトよりも報酬を得るまでの期間が短く、少しでもいいので早くお小遣いを稼ぎたいという人にはおすすめです。アフィリエイトと併用して利用することもできます。
グーグルアドセンス

・専門領域のライターとして稼ぐ

ブログを運営することの収入源は広告だけではありません。専門的なテーマを書いたブログでの情報発信をしていると、寄稿や記事提供の依頼がくることがあります。クラウドソーシングサービスは便利ですがどうしても手数料が取られてしまいます。

専門的な領域のライティングをしてることでの寄稿や記事提供であれば、1記事あたり1万円ほどもらえるなどということも珍しくありません。

・YouTuberとして稼ぐ

必要なものは撮影する機材と編集するソフトが必要になります。
あるテーマの動画を撮影しアップデートすることで人気が出れば、アドセンスなどを用ることで動画に対して広告収入を得ることができます。

YouTubeは、10000回の再生で1000円くらいの報酬になると言われていますが、ブログと同様で広告の種類はいくつかあるため一概には言えません。

・ネットショップの開設し稼ぐ

同人誌などをウェブサイト上で販売し月額100万近く稼いでいる人もいるそうです。
無料でネットショップを開設できるため集客スキルや売れる商品がある場合は検討してみるのもいいかもしれません。
無料ショップ開設なら【BASE】

その他の方法で稼ぐ

 

・治験で稼ぐ

短期間で儲けることができる副業になりますが、ボランティアに区分されます。治験は危ないと感じる人が多いかもしれませんが、薬品の最終段階を試すため危険性は高くないと言われています。拘束時間が長いケースがあるので、普段業務をしている人にはあまりお勧めできません。

 

・運転代行で稼ぐ

時給は1000円~1600円となり、地域によっては違いがあります。
二種免許が必要になりますが、ドライブ好きなサラリーマンにはぴったりの副業かもしれません。

 

・投資で稼ぐFXで稼ぐ

投資には、株やFX、仮想通貨などが手軽に始めることができるものとしてあります。投資は安定的に利益を出し続けようと考えると、ある程度の知識や経験を必要とします。勉強好きな方にはおすすめです。

しかし、投資には損をするという可能性もあります。目標額を決めて、余剰金で取り組むことをおすすめします。

 

まとめ

お金にあまりならない副業と体力がいる副業は、普段勤められているサラリーマンやOLの方、また忙しい主婦の方にはあわないかもしれません。また、どれほどの知識量やスキルを必要とするかなども副業の種類によって様々です。

副業をする目的として、月のお小遣いを少し貯めるために行うのか、さらなる収益の柱にするために始めるのかということも始める際には改めて考えておくべきかもしれません。

また、副業をする際には勤め先の就業規則を確認しましょう。社員の副業を制限することは会社側はできませんが、会社で副業禁止とされている場合は、注意を払う必要があるかもしれません。