サラリーマン兼社長になれる?いま、副業起業がアツい!

「会社員として働いているものの、将来的に独立したい。」

「正直、会社を辞めれるなら今すぐにでも辞めてやりたい。」

 

縦社会で周りに気を遣うことに疲れたり、自分のやりたい仕事ができなくてつまらないと感じているなど、会社員として仕事をしていることに前向きになれない状況に直面している方もいらっしゃるかと思います。

 

いつ会社を辞めてもいいように、副業を始めている方は起業の準備をしておくことで将来への不安が軽減できたり、今以上の収入を手に入れることができたりと、スムーズに次のステップへと足を踏み出せるようになるかと思います。

 

そんなあなたのために本記事では、どうすれば副業を本業にできるのか、成功しやすい副業起業は何か、副業起業をする際に注意すべき点は何か、あなたの次の一歩を手助けできるよう、副業起業についてご紹介していきます。

高額な副収入が期待できる副業の選び方とおすすめのネット副業を知るにはこちら
広告

副業で起業?安定的な収入を得ながら社長になれる?

副業で起業?安定的な収入を得ながら社長になれる?

副業で起業することのメリット

政府の後押しもあり、副業することが一般的に認められるようになってきた昨今、この記事を読んでいただいている方の多くもすでに副業を始められている方かと思います。

副業をする理由は様々だと思いますが、主に「本業の給料が低いから」というような金銭的理由で副業をしている人が大半でしょう。

もちろん、前述のような理由から副業をすることも非常に有効だと思いますが、「副業を後に本業にする」ことや「副業で起業する」という考えをお持ちの方はまだあまり多くないように感じています。

 

ただ、副業を活用して起業することには様々なメリットがあるのです。

 

・会社員としての収入を得ながら起業をすることができる

当たり前かもしれませんが、必ずと言っていいほど、起業には金銭的なリスクがあります。もし、自身が起業して、自身のビジネスで得られた収入だけで生活をしようとする場合、そのビジネスで収入がうまく回らないと生活ができません。一方で、会社員として本業で収入を得ながらの起業であれば、一定の収入は担保できるために、「明日生きるお金もない」なんてことにはなりません。

 

・開業資金を貯めながら、起業することもできる

どんなビジネスを行うかにもよりますが、基本的に起業するには、ある程度まとまったお金が必要になります。本業をやりながら起業を目指すということであれば、工夫次第で起業にかかる開業資金も貯めることができます。

 

・事業が失敗した際のリスクも小さく済み、リセットしやすい

万が一、起業をしてビジネスが上手くいかなかった場合でも、大きな痛手を背負わなければ、再度次のビジネスに挑戦することができます。また、副業起業の場合はほとんどが自己資金だけで起業することになるので、自己資金だけで独立/起業した場合には、経営する際の負担もかなり軽減できるでしょう。

 

・起業しておくことで、収入を個人と法人に振り分ければ節税ができる

よく芸能人が税金対策で会社を作るという話を聞いたことがあるかと思います。これは所属事務所などから得た収入を個人と法人に分散して、適用される税率を抑えるためです。芸能人でなくとも法人化による税金対策(節税)を行なっている方は以外にも多くいらっしゃるようです。

起業による税金対策は副業をしている会社員でも実施可能です。

選択肢に入れるポイントは、「本業の給与所得」と「副業で得られる所得」の合計の課税所得が「695万円」を超えるかどうかです。

所得税には累進課税制度が適用されているので、所得金額の大きさに比例して税率が高くなります。

一方、法人の税率は30%前後のため、課税所得の金額の大きさに左右されません。

※例外も存在します

発生する所得を個人と法人にうまく振り分けることで、適用される個人の税率を低くすればかなりの金額を節税することができます。

もちろん、最初から起業する予定はなくても、副業を始め出したら、うまくいったので起業をした、というような方は非常に多いです。であれば、副業を始める段階で起業を見越した副業選びを行うのが賢い選択と言えるでしょう。

私はこの副業で起業した!成功者の副業事例4選!

私はこの副業で起業した!成功者の副業事例4選!

 

起業前提での副業スタート

・個人での株式投資、株式投資に関する分析ツールの販売を副業にして独立/起業

株式投資は「副業」という言葉が世の中に出てくる前から比較的メジャーであった副収入を得る方法です。しかし、スマホの登場により更に身近な副業となったことは言うまでもありません。

個人でコツコツと株について学ぶ過程で、より効率的に分析して成果を出すことがd家いるのではないかと考えた方がいました。その方は日々の株式投資で少しずつ利益を上げつつ、その利益で株式投資の分析ツールを開発し、それを販売することで更なる収入アップ、そして独立/起業を果たしたそうです。株価は日々変動するものなので、投資が行われる限りそのツールは価値を生み出します。継続的に収入が見込めるビジネスであることがわかりますね。

約3年の間に1億円以上の売上を作り、現在は40代にして家族とともに海外で生活をしているようです。

 

・未経験エンジニアへの転職支援を副業にして独立/起業

実体験を活かしてビジネスを生み出した方の話になります。

営業職からエンジニアに転職した経験をもとに、周りにも同じ悩みや思いを持っている人がいるのではないか?と考え、個人で未経験エンジニアの転職サポートをする副業を始めたそうです。その方の人柄やコミュニケーション能力も関係しているかもしれませんが、続々と同じ悩みを抱えた方が相談に訪れ、副業を始めて4年ほどで、独立/起業を果たしたそうです。ニッチな市場ですが、確実に需要のあるビジネスを生み出した方の例となります。

 

・不動産投資のノウハウ提供を副業にして独立/起業

こちらは投資という意味では株式投資の事例に似ているかもしれません。

不動産投資を始めて最初は全くうまくいかなかった方が、自身が成功するきっかけとなったノウハウやテクニックを教えるという副業で独立/起業したそうです。投資には人によって投資方法や融資の獲得方法などが異なります。不動産業界とは無縁の会社にお勤めだったそうですが、不動産コンサルタントになることを決意し独立、その後仲介事業を始めて起業をした方の例です。

やはり、試行錯誤された方が自身の経験をもとに教えてくれるので、話に説得力があるのでしょうか。その企業は、今では100名以上の従業員を抱える大きな企業へと成長しているそうです。

 

・様々な撮影テクニックをレクチャーする副業で独立/起業

こちらは趣味と本業を掛け合わせて副業を始め、その後独立された方の話です。

カメラ好きが高じてカメラ関係の会社に入社、その後、社員は会社のカメラを自由に使用して良いという特権を活かして、様々な写真の撮り方をレクチャーする副業をスタートさせたそうです。本業の会社が競合とならない形でカメラを利用したことがポイントだったと言います。個人的なお小遣い稼ぎから始まり、講習会などを企画したことがきっかけで一気に規模が拡大、後に副業で年商3億円に成長させてから独立したそうです。本業の会社は副業を認めていなかったようですが、会社員として働いていた頃から副業のために法人を設立していたようです。確定申告等、気を付けるポイントだけ抑えれば、なんの無理もなく副業を続けることができていたようです。

 

副業起業する場合の注意点

副業起業する場合の注意点

確かに起業することにはそれなりのメリットがありそうですが、そもそも副業を行ううえで注意すべきことは何でしょうか?また起業して法人を持った際注意すべき点も把握しておきましょう。自分の会社を設立することが身近であるからこそ、事前に把握しておくことで多くの損を防ぐことができます。

住民税によって副業の存在がばれる

副業が当たり前になりつつあるとはいえ、まだ副業を容認している会社はほんの一部です。この記事を読んでいる方のなかにも、本業の会社に副業の存在がばれないようにしている方も多いかと思います。

 

副業をしている方であればもうすでにご存知の方も多いかもしれませんが、確定申告の際、副業分の住民税に関しては、「普通徴収」を選択を選択して自身で納付してください。

 

普通徴収を選択しないと、本業の会社の住民税と副業の住民税は自動的に合算されて本業の会社に通知されてしまうため、本業の会社で得ている収入に対する住民税と実際に生じる住民税にずれが生じてしまいます。

 

副業がばれないための「基本」ですが、基本だからこそ軽視せず適切に確定申告を行ってください。

 

社会保険料で副業の存在がばれる

副業起業して会社を設立した場合、副業の会社で「社会保険」に加入すると本業の会社に副業がばれてしまう恐れもあります。

会社を設立した場合、会社の規模に関わらず社会保険に加入することが定められています。年金事務所の取締体制強化や、法人マイナンバー制度の施行により、たとえ会社に関わっている人間があなた一人でも、きちんと社会保険に加入しているか厳しくチェックされます。

副業で設立した会社で社会保険に加入する場合、年金事務所に対して「健康保険・厚生年金保険被保険者所属選択・二以上事業所勤務届」という書類を提出する必要があります。すると本来本業の会社からのみ発生する保険額が変動してしまいます。その変更後の保険額が本業の会社と副業の会社で報酬の割合に応じて按分負担されるために、ばれてしまうというわけです。

こちらは起業したあなたの役員報酬額を「0円」にすることで本業の会社から副業や起業の存在をばれないようにできます。

 

こちらは副業の会社の役員報酬が0円に設定することで、社会保険に加入する必要はなくなるため、このような方法で本業の会社へ副業の存在をばれずに隠すことができます。

まとめ

起業にも様々な目的があります。副業の活用や起業によって適用される制度を味方につけることで、副業を賢く利用するう絵で起業はあくまで「手段」であることを忘れないでください。

知っているだけでお得になることはかなり多いはずです。これを機会にぜひ、あなたも「社長」となり、美味しい思いをしていただければと思います。

広告