高校生でも簡単に稼げる!副業なら学校にばれずに学業と両立できる!

副業に興味がある、どのサービスを利用したら良いかわからない、税金はかかるのだろうか。

そんな副業に関連する疑問を解決してみませんか。

副業というと、会社や学校に内緒で働くようなイメージがありますが、最近はインターネットを使って簡単に稼ぐことができます。将来の貯蓄に不安を抱えたり、現在の収入が少ないと思っている方でも、簡単に副業ができます。

今回は、高校生でも安全で簡単に稼ぐことができる副業をご紹介していきます。

アルバイト禁止でもばれない?高校生でも副業する人が増えている理由


副業と聞くと、難しそう、自分にできるのかなど、疑問を持つでしょう。しかし、意外に副業は簡単にできてしまうんです。高校生の場合、年齢制限があり、働けるアルバイトは限られています。

アルバイトが禁止されている学校もあるでしょう。最近では、そんなアルバイトが難しそうな高校生でもできる、副業が増えています。求人雑誌、サイトを見たことがある方は、知っているかもしれませんが、モニターという副業が手軽に稼ぐにはぴったりです。

モニター、またはアンケートは、スマホがあればできる副業です。

数分で完了するアンケートに答えると、ポイントがもらえます。そのポイントを貯めて、現金やギフト券に交換できます。この方法なら、ちょっとしたすき間時間に、副業ができてしまいますね。

アルバイトのように、何時から何時までと時間が決まっていないため、自分のスケジュールに合わせて稼ぐことができます。部活、学業との両立はもちろん、周りにもばれない副業です。

 

高校生にオススメの副業4選!

 

アンケートモニター

アンケートモニターは、毎日コツコツと稼ぐのがコツです。1つのアンケートは少額ですが、自分のページでポイントが少しずつ増えていくのをみるのは、楽しいものです。

アンケートサイトのなかで、稼げると評判なのがマクロミルです。頻繁にアンケートが届き、会場アンケートでは一度に数千円がもらえることもあります。対面式は苦手という方でも、オンライン上でインタビューに答える形式もあるので、稼ぎやすい副業サイトといえます。

その他に、商品モニター、座談会などがあり、さまざま方法でアンケートに参加できます。

 

フリマアプリ

最近、フリマアプリが流行っていますが、自分の使わなくなったものを売ることができます。ゴミの日に捨ててしまえばお金は入ってきません。しかし、自分が飽きたり、使わなくなったものでも、他の人にとっては必要なこともありますね。

意外に高く売れたりすることもあるので、大きな臨時収入が期待できる副業といえます。

 

ライティング(記事作成)

学校の授業では国語が得意だった、小さい頃から読書が好きという方は、ライティングの仕事をしてみてはいかがでしょう。ライティングというと、難しそうなイメージがありますが、ちょっとした時間にできるものもあります。

ライティングの仕事をするには、専用サイトに登録をして案件を探します。自分ができそうなものが見つかったら、仕事を発注している相手に連絡を取り、両方が合意をしたら、仕事が始まります。このようなライティングは記事ごとの単価が大きいものもありますが、その分、まとまった時間が必要になることも。もっと気軽に副業をしたい場合は、タスクと呼ばれる仕事がおすすめです。

タスクは、短い作業時間で稼げるのが特徴です。発注している相手に連絡をとらずに、できそうなものにチャレンジすることができます。自分のペースで副業できるのが良いですね。

発注している相手が掲示している成果物の条件を満たしていないと、報酬はもらえません。相手がどんな内容を望んでいるのかを、しっかりと確認するのがコツです。

 

ポイントサイト

ポイントサイトは、まず会員登録が必要です。名前、住所、電話番号などを登録します。そのあとは、ネットショッピングをしたり、ゲームをするとポイントがたまっていきます。スゴログ、釣りなど、楽しいゲームがたくさん揃っています。

また登録した趣味や生活情報から、アンケートがくることがあり、回答するとポイントがもらえます。

毎日、クリックするだけでポイントがためられるページがあるので、それは必ずやっておくと良いでしょう。

 

高校生が副業する場合の注意点

高校生ができる副業を紹介してきましたが、もらった報酬がすべて手元に残らないこともあります。

高校生でも、ある金額以上稼ぐと、税金が発生します。税金が引かれるかどうかは、収入で決まります。住民税は年収93~100万円、所得税は年収103万円を超えるとかかるので、注意が必要です。

しかし、これは本業の金額で、副業となると対象となる金額が低くなります。アンケートやフリマアプリで、年間38万円以上稼いだ場合、税金がかかります。副業で稼いだ金額とは、所得金額のことを指します。

インターネットをするのには、プロバイダー代が毎月かかりますね。これは経費といって、副業で稼いだ金額から引いて良いことになっていますね。このように、仕事をするのに必要な経費を引いた金額が年間38万円以上になるかを、みておきましょう。

38万円以下の場合は、税務署に申告がいらないので、学校にばれずに副業ができます。

もし、38万円以下の場合は確定申告をする必要があります。国にどれだけ稼ぎましたという報告をすることです。市役所に戦勝の用紙が置いてあり、収入、所得、経費などを記入して出します。所得に応じて、税金が決まります。しかし、フリマアプリやアンケートサイトで、38万円も稼ぐのはかなり大変です。年間で38万円以上、稼いだら申告が必要だと覚えておく程度でも良いでしょう。

自分で年金や健康保険を払っている場合は、稼ぐ金額に上限はありません。しかし、扶養に入っている場合、上限の金額があり、それを超えてしまうと控除されてしまいます。その場合、市役所、会社などから通知が来ることで、親や学校に副業がばれてしまうことがあります。

世の中には副業詐欺と呼ばれる人たちがいます。動画を見るだけで数万円、この教材を買ったら儲ける方法がわかるなどは、注意が必要です。最初にこちらがお金を払ったり、あまりにも高額な報酬を伝えてくる場合は、危険だと思いましょう。つい、お金の金額につられて、連絡先を教えてしまうと、副業が学校にばれるどころではなくなってしまいます。

SNSのメッセージを使って、怪しい副業に誘うケースもあります。アフィリエイトをして稼ぎませんかと誘ってきて、マルチ商法をさせるなどの手口も有名です。稼げるという言葉にすぐに飛びつかずに、インターネットで口コミや評判を調べてみると良いでしょう。

 

まとめ

もう少し使えるお金が欲しい。そんなときに思い浮かぶのが、副業ではないでしょうか。

インターネットを使うと、手軽にお金を稼ぐことができます。バスの待ち時間、待ち合わせのときに、ちょっとずつ収入を得られるので、お金を増やす楽しみも満喫できるでしょう。今回紹介した方法は、高校生だけではなく、社会人の方でも簡単に稼げるオススメの方法です。