絶対儲かる!?それって詐欺かも。5つの副業詐欺の事例と対処法

政府の打ち出す「働き方改革」の後押しなどもあり、手軽に副業を始められるようになった昨今、将来の貯蓄や趣味への投資のために副業を考える方、始める方が増えてきています。

ただ、気軽に副業を始められるようになった一方で、副業を謳った「詐欺」の被害報告が急増しています。でも、大丈夫!事前に副業詐欺の手口を把握しておけば、副業は収入UP/資産形成において非常に有効な選択肢です。

でも、詐欺かどうかなんて本当に見分けがつくの?

今後も詐欺の手口が多様化する可能性は十分にありますが、知っていることで防げる詐欺行為もたくさんあります。この記事では、詐欺被害の多いと言われている副業や実際の手口、副業詐欺の見抜き方や騙されてしまった対処方法をご紹介していきます。

高額な副収入が期待できる副業の選び方とおすすめのネット副業を知るにはこちら

 

気を付けて!美味しすぎる話に潜む副業詐欺

副業詐欺ってそんなに分からないものなの?

一口に「副業詐欺」と言っても本当に様々な手口があります。詐欺行為を働く側も巧妙に偽装していることが多く、実際にそれが詐欺かどうか自身では判別がつきにくいものも少なくありません。

また、世の中には「確実な儲け話」がないのもまた事実。「100%儲かる!」のような明らかに怪しい文言を見かけると、最初は怪しいと感じても「少しでも楽に多く稼ぎたいしな、、、。」と後先を考えず軽い気持ちで手を出してしまうのが人間の心理です。

そのため、詐欺被害のほとんどが、副業をこれから始める知識の少ない方や、怪しいと感じていてもまとまった金額を得たいと考えている方を狙った詐欺行為です。

手口が巧妙化しているため、一見詐欺的ではあるけれど、実際には法律に違反していないものも非常に増えてきています。

 

そもそも副業自体が詐欺的な行為なの?

ここまで読み進めていただくと副業に対して「怪しい」「怖い」といったマイナスなイメージを持たれる方もいらっしゃるかと思います。

ここで、勘違いして欲しくないのは、全ての副業が「副業=詐欺」に該当するわけでははないということです。正しいやり方で副業を行えば、確実に収入の増額が見込めます。

では、どのように副業詐欺を見抜いていけば良いのか。まずは始める前に少し冷静になって考え、その副業が詐欺的なものなのかどうか自身で調べてみましょう。

 

あれもこれも?副業詐欺の種類と手口

副業の種類が多くなればなるほど、それと同様に副業を利用した詐欺が増えるのもまた事実です。誰でも簡単にインターネットを使用することができる時代なので、詐欺の種類もインターネットを用いたものからリアルな作業を伴うものまで様々です。

ここでは、実際に被害が多い代表的な詐欺の種類とその手口をいくつか業界します。

 

副業詐欺ケース1: 情報商材詐欺

「誰でも簡単に月収100万円!」や、「まだ始めてないんですか?これさえ知っていれば、寝ていても稼げます」、「簡単に稼げる、みんなが知らない方法教えます」のような文言、誰でも一度は見かけたことがあると思います。この類の「直接あなたに簡単にお金が入ってくる仕組み/情報を教えます」的なものはほとんどが詐欺です。

本当にそんな方法が世の中に溢れていたら、億万長者だらけの世の中になっていてもおかしくありません。上記のようなものを「情報商材詐欺」と呼び、かなりの確率で詐欺であると考えてよいでしょう。

副業の情報商材詐欺の手口

手口の入り口としては無料のメルマガ登録を勧誘してくることが多いかと思います。
メルマガに登録すると「登録者限定!儲かる方法をたった1万円で伝授します!」のような文言のメールが届き続けるわけです。そして実際に特別価格で購入した情報や教材の中身は、少しネット調べれば出てくるような内容のものばかり。購入するまでどのような内容かわからないことが大半なので、法外な価格の情報が何の役にも立たなかった、というトラブルがあります。

一見引っかかりそうもない手口ですが、人間の心理をうまく刺激するような巧妙な文章で、意外にも被害に合う人は少なくありません。もちろん、ごく稀に参考になるものもありますが、それを見極めるには非常に難易度が高いと言えます。

 

副業詐欺ケース2: SNS(ソーシャルネットワーキングサービス)詐欺

Twitter(ツイッター)やInstagam(インスタグラム)、Facebook(フェイスブック)など誰もが自由に発信できるようなインターネット上の場において、「お金欲しいー」「今月の給料少なかったから買うの我慢した(涙)」と呟いている方は格好の獲物となりやすいです。

急に知らない人からフォローされていわゆる「おいしい話」を持ちかけられます。男性のアカウントには綺麗な女性が、女性のアカウントにはイケメンがアプローチをしてくることも多いので、冷静に対処(ブロック/通報)してください。

SNS詐欺の手口

SNSの発言内容から、お金に関するワードを発信している人をフォローし、詐欺サイトへ誘導させる手口です。詐欺の種類としては、FX詐欺、インターネットビジネス詐欺、最近では仮想通貨詐欺など詐欺の種類は様々です。
主に主婦や若年層のような流行に敏感な人間にアプローチをしてくることが多いです。コメント欄やダイレクトメッセージでやり取りを持ちかけてきて、その後LINE(ライン)での会話などで「初期費用はかかるけど、必ず儲かる話」を持ちかけられます。
その後、初期費用を支払うと連絡が取れなくなるという手口です。

 

副業詐欺ケース3: パチンコ詐欺

パチンコのお店が新しく開店する際などに、人気がある店だと思わせるためにいわゆる「サクラ」のバイトを雇う、というのが建前の詐欺です。
サクラとして「指定した台でパチンコを打ってくれるだけで日給が出て、さらにプレイして儲けた分はあげるよ」と言われるとギャンブル好きな方にとっては非常に魅力的な副業に聞こえます。そんなおいしい話、常識的に考えてあるわけがありません。それではパチンコ店が儲からないことも容易に想像がつくかと思います。

パチンコ詐欺の手口

プレイする前に攻略法を知っておいて欲しいから、攻略法の先に支払わなければならない、という詐欺です。
当たり前ですが、攻略法の代金を支払ったところで教えてはもらえませんし、サクラもできません。「打ち子募集」のようなバイト/副業は本当に問題がないか事前に確認してください。できれば避ける方が身のためでしょう。

 

副業詐欺ケース4: 出会い系詐欺

出会い系サイトで利用者を騙し、高額な支払いをさせるように仕向ける詐欺です。
サクラとして出会い系の利用者が好みそうな女性のフリをして、高額な利用料を支払うように仕向ける仕事のことです。
特に男性の皆さん、誘惑に負けて容易に誘いに乗らないようにしましょう。

出会い系サイトを利用することが悪いわけではありませんが、引っかからないようにするためには利用しないことが一番です。女性の皆さんも「メール送ったりするだけの簡単な仕事だからいいかな」と思わず、本当に大丈夫なのか、最新の注意を払う必要があります。

出会い系詐欺の手口

ターゲットとなる利用者、つまり「カモ」となる方々にサクラからメールが届き、仲良くなればなるほど、どんどん高額な支払いを要求される、というものです。

そもそもその出会い系サイト自体が違法な可能性もあります。
出会い系サイトの運営をしている人がサクラを使って利用者から金額を受け取ることは詐欺になります。騙された方が損害を被るだけでなく、サクラとして活動をした方も「共犯者」として処罰の対象になりますので、気づかずに巻き込まれてしまわないよう注意が必要です。

「PCでの文章入力」や「オペレーター」という文言であたかも普通のバイト募集の中に紛れ込んでいる可能性があるので、仕事内容と時給が釣り合っているかで判断してください。

 

副業詐欺ケース5:内職詐欺

アクセサリー作りや、録音されている音声を文字起こしする作業、シール貼りや駅前などで配布されているティッシュの広告入れなど、自宅でも簡単にできてしまう「内職」に関する詐欺です。

一見怪しくなさそうな内職という副業にまで、詐欺が蔓延しています。当たり前ですが、これもちゃんとした内職を依頼する会社もあるので、詐欺かどうか見極めが必要になってきます。

内職詐欺の手口

手口としてはよくあるもので、まずはサイトに登録した段階で、登録料など初期費用を支払わせる手口です。実際の事例では、最初に教材の購入をさせられて、高額な金額を支払ってしまった方もいるようです。
もしくは、内職の作業のクオリティに対してケチをつけられ、報酬が支払われないという場合もあるので、登録する会社がきちんとした会社であるかを見極めたうえで登録を行ってください。

 

この他にも、様々な手口があるため、副業を始める前に調べてみてください。

 

フラグ確定、副業詐欺の見抜きかた

副業詐欺の特徴まとめ

詐欺の手口も多様化しているため、必ず当てはまると言い切ることはできませんが、以下に当てはまる副業には注意が必要です。

SNSでの勧誘掲示板で募集している仕事
・登録料や教材費など、作業の前に登録者が代金を支払わなければならない仕事
・登録しようとしている会社の情報が調べても出てこない ※所在地やホームページ
必要のない個人情報まで登録が必要な仕事
・作業を「代行」する仕事
・仕事内容が具体的ではなく、仕事内容と給料が伴っていない仕事

以上の点に注意を払っていれば、かなりの確率で詐欺にあう可能性を防げると思います。

 

 

実際に詐欺にあってしまった場合はどうすればいいの?

実際に被害にあってしまった場合、被害の内容によっては以下の制度や期間に頼ることで解決することができる可能性があります。「自分は大丈夫」と思わず、万が一のためにも、頭に入れておくべきでしょう。

副業詐欺への対処法1: クーリング・オフ

副業として始めてからすぐに「副業詐欺かも」と気づいた場合、クーリング・オフ制度を使えば契約を解除することができるかもしれません。
クーリング・オフは、消費者が意図していない、もしくは騙されたりして締結した契約やサービスを、一方的に解除できる制度です。
クーリング・オフは、「契約書が到着してから20日間」、もしくは「購入した商品が届いてから20日間」と期間が定められているので副業詐欺に気づいたらすぐに行動を起こしてください。詳しくはこちらに記載がありますので参考にしてください。

 

副業詐欺への対処法2: 国民生活センターに相談する

国民生活センターは、一般的に起こりうる生活に関する相談であれば相談に乗ってもらえます。全国に多くの窓口が相談されており、平日の昼にも対応してくれるため、サラリーマンなど平日は忙しい方でも頼りやすい機関です。

 

副業詐欺への対処法3: 警察に相談する

全ての事例で相談乗ってくれるわけではありませんが、「これは詐欺かも」と思った場合は、警察署に相談することができます。自体の発展を防ぐためにも、ためらわず速やかに通報して事態の解決を図ることが望ましいです。
また、「#9110」に電話をかけると、警察が相談に乗ってくれる場合もあります。状況に応じて、すぐに警察署にいけない場合はこちらを利用してください。専門の相談員が対応してくれるので、今後の対応について相談員が教えてくれる場合があります。
相談の際は「110」ではなく、「#9110」に連絡しましょう。

 

副業詐欺への対処法4: 弁護士を頼る

法に則って返金を要求する場合や訴訟などを起こす可能性がある場合は、弁護士を頼らなければなりません。弁護士にしか対応できないような手続きもあるので、もし必要があれば問い合わせてください。「法テラス」という、国が設立した法的トラブル解決の総合案内所もあります。
ただし、基本的に弁護士に業務を依頼する場合には費用が発生します。

最近の副業詐欺は、前述したようにSNS等を用いて不特定多数を狙った手口が多いのも特徴の一つです。あくまで手段の一つですが、場合によっては「集団訴訟」を起こすことも可能です。

上記では、身近な制度や機関を挙げていますが、対処する方法も一つではありません。副業詐欺の被害にあってしまった場合は、詐欺の手口に合わせて一番適切な方法を選択してください。

 

まとめ

副業に限ったことではありませんが、副業を始める前には、必ず事前の情報取集を怠らないようにしてください。
大半の副業詐欺は、始める前に冷静に考えれば見抜けるはずです。
悪質な業者は巧妙な手口であなたに近づいてきます。金額や仕事内容に惑わされることなく、副業を選択しましょう。