資格の必要な副業なら安泰!収入とステータスが向上する副業とは?

副業と言えば「内職」とイメージされる方が多いと思いますが、近年副業を取り巻く環境は変化の傾向にあり、副業にもさまざまな「働くスタイル」が登場しています。

自宅で気軽にできる副業と言えば、食品加工や裁縫といった内職作業がその多くを占めていましたが、近年では資格を活用した稼げる副業が多く登場し、それらは内職作業のように非効率でもなければ、低報酬でもありません。

ここでは、副業におすすめの資格や、収入を得ながらステータスも向上できるおすすめの副業などを紹介していきます。

どうせ副業するなら、ステータスもお金も欲しい!

本業と同様に副業にも、さまざまな業界や業種が多くあり、またそれぞれに働き方のスタイルもあります。

しかし、どうせ副業をするのであれば、効率的かつ収入アップをベースにして、そこにプラスアルファー、ステータスを向上させれば、一つの副業で多くのメリットを生むことができます。

そんな多くのメリット得る方法は、資格や特殊スキルを要した副業を行うことで、一般的な内職や在宅ワークとは異なり、資格や特殊スキルが必要となる分、収入を増やすことができ、さらに働き方によってはステータスを向上することができます。

また資格を要する副業をこなせば、収入アップや個人ステータスのアップだけではなく、実戦経験を養うことができるので、転職活動や就職活動にも役に立ちます。

例えば、資格だけ持っていても実務経験がないと応募できない求人に対しても、副業で実戦経験を積むことによって、それら求人に応募できますし、また逆に本業退職後も資格を持っていれば、副業で生活を安定させることができます。

副業のために資格を習得することはさまざまなメリット生み、それによって一つの副業で一石二鳥、三鳥の効果生まれるのです。

 

副業に役立つオススメの資格5選!

ここでは、副業をする時だけではなく、さまざまな状況で役に立つおすすめの国家資格を紹介していきます。

電験三種

「電気事業法」に則って、電気工作物の工事、維持や運用に関する保安の監督または責任者となる為に必要な資格です。
昔からニーズがある資格の一つで、収入や将来性なども安定した優れた資格でもあり、定年を見据えてこの資格を習得する方も多くいます。

 

中小企業診断士

その名の通り中小企業を対象に診断をする資格で、企業のコンサルティングをイメージすればわかりやすい資格です。
独立を目的とした企業家に向いている資格ですが、当然ながら副業としても使える人気のある資格で、その際にも十分に役に立ちます。

 

介護福祉士

超高齢化社会に伴って重宝されている資格の一つで、高齢者や障害者を介護するために必要な資格です。
資格がなくても介護業務を行うことはできますが、この資格が有無によって得られる収入が大きく変わってくるので、この仕事をする場合は取っておいて損はない資格です。

将来的に最も価値のある資格の一つでもありますが、現代社会においてもこの資格の重要度は高く、極端に言えばこの資格一つあれば、いつでもどこでも働けると言っても過言ではありません。

 

FP技能士

FPとはファイナンシャル・プランニングの事を意味し、FP技能士とは、いくつかあるファイナンシャル・プランニング関連の資格の中で、国家資格に分類される資格です。

資格内容は、顧客の資産に応じた貯蓄や投資などの、プランの立案や相談を行うために必要となる資格です。
資産運用が注目される現代において需要の高い資格の一つで、副業や企業にもおすすめの資格と言えます。

宅地建物取引士

宅地又は建物の売買や交換など、不動産取引に必要な資格で、不動産に関する契約業務に不可欠な資格でもあります。
資産運用にも通じる点があり、活躍の幅も広く人気がある資格で、業界のおいての昇進や昇給に有利なことはもちろん、副業や独立にも向いている資格と言えます。

また金融業界でも重宝される資格なので、不動産業界以外にも求められている資格と言えます。

こんな資格も!?ちょっと変わった資格5選!

以下では、女性ならではの資格や、週末にこそ発揮する資格など、ちょっと風変わりな資格を紹介していきます。

ベビーシッター

赤ちゃんのお世話をするのに必要な資格で、国家資格ではありませんが民間資格として、ベビーシッターを仕事とする際に必要となる資格です。

ベビーシッター認定資格を得る事で、ベビーシッター会社に登録できるので、そこから資格を活かしたさまざまな仕事が斡旋されます。資格保有者の大半がアルバイト・パートもしくは契約社員なので、週末だけの副業にも適した資格と言えます。

 

インテリアコーディネーター

近年リフォームブームによってその存在が注目されている資格で、こちらも国家資格ではなく、民間資格に分類されます。
インテリア業界への就職や転職に有利に働かく点と、キャリアアップに役立つ点など、メリットも多く、独立して起業することもでき、また女性ならではの感性やセンスを活かすことができる資格です。

 

ペットシッター

その名の通りペットをお世話する仕事に必要な資格で、「日本ペットシッター協会」で試験を受けることができる民間資格です。主に飼い主に代わってペットの世話を代行する業務がほとんどで、それに必要な心構え、技術、動物の扱いなどを、カリキュラムで学ぶことができます。

ペットショップや、ペットホテルの開業にも効果的な資格ですが、技術面はもちろんの事、資格があるからこそペットを預ける信頼や信用が生れるなど、社会的信用においての効果も期待できます。

 

薬膳コーディネーター

美容や健康に薬膳を使った体に良いレシピを、考案や発案することを目的とした資格です。
健康ブームの現代社会では「薬膳レシピ」も注目され、また専門的な知識や経験を要することから、資格の需要も年々高まりつつあります。

この資格で主にできることは、飲食店でのメニューのプランニングや、漢方薬局の薬剤師などで、レアな仕事に就けるケースが多いです。超高齢化社会に伴った健康ブームによって、今後さらに需要が高まることが予想される資格の一つと言えます。

 

食生活アドバイザー

体の健康維持を食生活からアプローチし、適切なアドバイスで健康的な生活をサポートする食生活全般のスペシャリストとして必要となる資格です。

健康と食に対しての関心が高まっている現代社会において注目されている資格の一つで、今後の活躍も期待できる将来性のある資格です。

まとめ

ここまで、副業におすすめの資格の基本情報や特徴などを紹介してきました。
資格と言うのは企業や業界と同様に、その時代のニーズや流行によって需要度が大きく変わってきます。
ここで紹介した資格は、現代社会のニーズや流行によって需要が高い資格ばかりで、そのためか「高齢化」「健康」などがどうしても共通のキーワードになってしまいます。
金融関係や不動産関係の資格なども長年需要が高い資格になりますが、現代社会においては、やはり「高齢化」「健康」などをテーマにした資格が強いイメージです。
しかしどの業界においても、関連する資格の有無によって収入面や待遇面が大きく変化するので、自身のスキルアップと収入アップを目的として、資格にチャレンジするのも一つの方法と言えます。
副業を目的とした資格取得や、定年を見据えた資格取得など、目的はさまざまですが、副業や資格に興味のある方は、自身のおかれた状況や環境に応じて、それに適した資格取得を目指しましょう。