写真を副業にしよう!稼ぐ方法や販売サイトを徹底紹介

「自分で撮影した写真を販売したい」「写真販売の副業でお金稼ぎをしたい」収入を増やしたい主婦や会社員の中には、写真販売をしてお金を稼ぐことを検討している人もいます。

 

ですが間違った方法で写真を販売してしまうと、思うように収入が増えず副業として失敗してしまうことも。写真を登録して副業で稼ぐために、正しく写真を販売する方法について見ていきましょう。
 

高額な副収入が期待できる副業の選び方とおすすめのネット副業を知るにはこちら

 
 

写真販売の副業について

写真販売の副業について

Webサイトの記事やコンテンツで使われる画像には、独自性のある写真も含まれています。独自のコンテンツであることを示すために、クリエイターは販売サイトから最適な画像を購入しているのです。

 

写真を副業にするには写真を販売するサイトに出品して、画像を購入者に売る必要があります。ユーザーが写真を購入することで、販売サイトの手数料を引いた売上が収入になるのです。

 

今ではスマートフォンのカメラ性能が向上していて、誰でも価値ある写真を撮影しやすくなりました。スマホのアプリで写真を販売するのもできるから、写真販売のハードルは下がっています。

 

結果として多くの人々が写真を出品するようになり、数多の写真が販売サイトに登録されています。写真販売でお金を稼ぐためには、よりクオリティの高い写真を撮影することが重要です。

 

写真販売するのに向いている人

 

写真を適当に撮影して販売したところで、お金を稼げることはありません。写真販売をしてまともな金額の収入を得るためには、以下の3つの要素を持つ人である必要があります。

 

・写真撮影に熱意があること

・旅行を頻繁にしていること

・数百枚もの写真を販売できること

 

本気で写真撮影をしていなければクオリティの高い写真は減ります。普段から撮影に最適な場所へ行かなければ、良い社員を撮影する機会は減るのです。簡単に始められる副業だからこそ、難易度は高いもの。

 

スナップマートという販売サイトで写真を約100枚出品して、約130円しか稼げなかった人も中にはいます。ニーズやクオリティを意識しないで撮影すると、お金を稼げないのです。

 

写真でいくら稼げる?

 

大半の写真を販売するサイトでは自分が出品した写真が売れるほど、稼げるお金は増えていきます。写真を撮影する時間が長くても、売れなければ収入にならないので気をつけるべきですね。

 

大手の販売サイトであるPIXTAでは撮影者のレベルが高ければ、写真1枚売ることで1000円以上の報酬を受け取れます。高いクオリティの写真には、その分の価値があるのです。

 

写真販売アプリであるSelpyでは30円から2000円までの価格設定があり、リクエスト額で写真が売れることも。個人で撮影した画像でも購入者のニーズを満たしていれば高く売れます。

 

クオリティが高くて独自性のある写真を出品し続けることで、毎月数万円から数十万円まで稼ぐことができます。写真に熱意がある人にはオススメの副業です。

 

写真を撮る機材は必要?

本格的な写真を撮るためには一眼レフカメラが必要です。しかし環境によってはスマートフォンで撮影してもクオリティが下がらないこともあり、小遣い稼ぎであれば必要性は下がります。

 

太陽や設備によって多くの光が当たっている被写体であれば、高級な機材でなくても良い社員を撮影できるもの。ですが光が少ない夜間での撮影やボケを加えるには、スマートフォンのカメラでは不十分。

 

本気で写真撮影を副業にしたい人ならば、性能の高い一眼レフカメラを購入したほうが良いです。機材を購入して撮影に打ち込めば、出品する写真のクオリティは上がっていきますから。

 

手間なく写真を撮影して出品したい人は、手持ちのスマートフォンやデジタルカメラを使用すると良いでしょう。使い慣れたカメラで撮影すれば、ある程度のクオリティを持った写真を出品できます。

 

実際に写真を売る方法

実際に写真を売る方法

画像を出品するためにはまず、写真の販売サイトに登録することが必要。サイトによって撮影者がテストを受ける必要があり、問題がなければ写真を出品できるようになるのです。

 

写真を出品するときはサイズの指定や著作権に注意しましょう。出品する条件を守っていても、テーマや使い道が不明だと販売サイトの運営側から出品が拒否される場合もあります。

 

似たような写真を複数出品するのもやめたほうが無難です。独自性があり誰から見てもクオリティが高い写真を出品することで、販売サイトから自動的に写真が売れるようになります。

 

どのような写真が売れる?

 

写真撮影で収入を増やすためには、写真のテーマを選ぶことをオススメします。ジャンルやテーマを選んで撮影し続けることで、出品した写真が購入されて収益が増えていくのですから。

 

例えばビジネスに関係した写真であれば、転職やビジネスマン向けのサイト運営者から需要があります。スーツ姿の人やオフィスの風景であれば、興味を持つ人もいるのです。

 

Webサイトのコンテンツには季節感をアピールするために、クリスマスや花見といった写真を使用する場合もあります。季節のイベントをイメージした写真を撮影するのも良いですね。

 

不動産やインテリアに関連したコンテンツのために、インテリアの写真を求める人もいます。家具にこだわっている人は積極的に自分のインテリア写真を撮影することがオススメです。

 

写真を販売するのにオススメのサイト

写真を販売するのにオススメのサイト

クリエイターは自分が社員を販売するサイトを正しく選ばないと、思うように収入を増やすことはできません。写真を販売するのにオススメのサイトは3つあります。

 

PIXTA

クリエイターから集めた3600万点以上の素材をインターネットを経由して販売するのがPIXTAです。購入した画像を申告しなくても自由に使えることから、多くの人々が写真の売買を行っています。

 

写真をPIXTAで販売するには入門講座や入門テストを受けることが必要です。写真に求められる要素や著作権といった要件を理解できて、写真をアップロードできるようになります。

 

アップロードした写真が実際に購入されれば、販売価格の約3割をクレジットとして獲得できるのです。クオリティの高い写真を売り続ければ、獲得できるクレジットは増えていきます。

 

クリエイターになるためのハードルは他の販売サイトよりも高めですが、写真販売を続けることで得られる収入は大きくなるのです。本気で写真を撮影して販売する人にオススメします。

 

Adobe Stock

数百万人のユーザーが写真を購入する販売サイトがAdobe Stockです。撮影した写真をAdobeのアプリから直接アップロードできるから、クリエイターは比較的簡単に写真を出品できます。

 

販売するにはコントリビューターになる必要があり、条件には18歳以上であることや出品する写真を単独で所持していることなどです。複数の条件はありますが、審査は緩めとなっています。

 

写真を販売する値段は比較的安いですが、多くの購入者がいるから収益を上げやすいです。Adobeのソフトウェアを普段から使っている人は、試しに販売してみると良いですね。

 

Selpy

個人で撮影した写真を必要とする企業に販売するアプリがSelpyです。企業からリクエストされた写真をスマホで撮影して送ることで、面倒な手続きをすることなく手軽にお金を稼げます。

 

リクエストされる写真にはファッションやフード、インテリアや美容などがあるのです。スマートフォンでちょっとした小遣い稼ぎをしたい主婦にオススメします。

 

副業で写真を販売してみよう!

 

素晴らしい景色や日常の風景を撮影して出品するだけで、お金を稼ぐことはできます。写真に熱意がある人はPIXTAやAdobe Stockに登録して、しっかりと写真撮影に取り組むことが重要です。

 

スマートフォンでお小遣い稼ぎしたい人にはSelpyがオススメ。ニーズを満たすことを意識して撮影し、販売サイトに写真を出品して副業していきましょう。