副業とはどのようなもの?今更聞けない副業の基本を徹底紹介

「周りもやっているみたいだし、私も副業始めてみようかな」
「でも副業の定義って、よくわからないな、、、」

副業を始めようとしている方で、あと一歩のところでなかなか踏み出せないなんて方も多いのではないでしょうか。
本記事では、副業とは何か、安全に副業を行うためにはどうすれば良いのか、これから副業を始められる方が、安全に楽しく副業ができるような情報を提供していきます。

この記事を読み終わったあなたが、副業に対してポジティブなイメージを持ち、実際に副業を始めていただいたのなら、筆者としてこれ以上の喜びはありません。

それでは、早速いってみましょう!

 

副業とは?

副業の定義

最近よく聞くようになった言葉の一つに挙げられる「副業」。
そもそも副業とはなんなのか、正しく理解している方は意外と少ないのではないでしょうか?

副業とは「本業以外で収入を得ること、またはその行為自体」を指す総称ですが、法律では副業に関する明確な定義は一切存在していないのが事実です。

政府(厚生労働省)は2018年1月に副業に関するガイドラインを策定し、国としても積極的に副業を推進する動きがあります。

また、副業と似た言葉には「複業」「兼業」という言葉も存在していますが、こちらも明確な定義があるわけではありません。

あくまでイメージではありますが、複業はその字の通り「複数の仕事を掛け持つこと」を意味します。本業と比較すると、副業は収入やコストなどが本業より小さいイメージですが、複業は本業を複数掛け持つというイメージです。

兼業は本業以外に事業を営むことを指し、サラリーマンの方であれば、本業の仕事のほかに自身で事業経営を行うというイメージが一般的でしょう。

実際はどの言葉にも明確な定義があるわけではなく、あくまで一般的なイメージですので参考程度に覚えておいてください。

 

副業を禁止している会社が多い理由

前述の通り、副業は政府が推進している働きかたの一つであり、政府が公表している「モデル就業規則」の14章では、「副業・兼業」という項目を設け、規定の範囲内であれば副業をしても問題ないことが明記されています。

一方で、副業が禁止とされている会社が多いのも事実でしょう。まだ世の中の半数以上の会社は副業を推進していないのが実態です。では、政府が後押ししているにも関わらず、会社が副業を禁止する理由とは一体何なのでしょうか?

もちろん会社によっても理由は様々かと思いますが、主な理由は以下であると考えられます。

 

・会社が持つ機密情報の漏洩を防ぐため
・本業の業務に支障を来たす可能性があるため

 

特に本業と同業の仕事を副業に選択する場合や、時間や労力を大きく消費する副業を選択しようとしている場合には、注意が必要です。

法律的には違反でなくても、副業を容認していない会社に副業がばれてしまうことは、かなり大きなリスクがあります。

副業を始める際には、上記のような可能性に注意をしつつ、自身の生活スタイルにあった副業を行うことが好ましいと言えるでしょう。

また、副業がばれないための方法も後述で簡単に記載しますが、手順に則り、正しい手続きを取ることで副業がばれるリスクを大幅に下げることができますので、そちらも合わせて覚えておきましょう。

今からでも遅くない!初めての副業ならコレ!

では、実際にどんな副業があるのか。
以下では、初めての方にオススメな副業を中心に紹介していきたいと思います。

筆者も全て経験しているわけではありませんが、基本的に以下に紹介する副業は特別なスキルや経験がなくても簡単に実践可能です。

 

クラウドソーシング

「クラウドソーシング」とは、仕事の依頼をしたい企業、もしくは個人がインターネット上に不特定多数存在している「クラウドワーカー」に対して仕事を依頼する仕組みのことをさしています。

企業から仕事の依頼と聞くと、何か専門的なスキルや知識が必要なのではないかと思ってしまうかもしれませんが、データを打ち込むだけの仕事や、アンケートに決まった回答を入力するだけの仕事など、誰でもできるような簡単な仕事がたくさんあります。

もちろん、プログラミングなど何か特定の分野に長けている方は、高額案件を受注すれば、仕事に見合った報酬を得ることができます。

クラウドワーカーになるためには、クラウドソーシングサイトに無料で登録を行い、自身に合った案件を探すことができます。現在、国内においては「クラウドワークス」「ランサーズ」というサイトが二大巨頭と言われているため、このどちらか、もしくは両方に登録しておけば間違い無いでしょう。どちらも100万件以上の案件が常時公開されています。

筆者も両方登録してあり、今でも気が向いたときに無理の無い範囲で仕事を請けています。

ポイントサイト/アンケートサイト

副業が初めての方も既にやっている、もしくは経験したことがある人もいるのではないでしょうか。「ポイントサイト」「アンケートサイト」は指定されたアプリをダウンロードしたり、指定された広告をクリックしたりすることでポイントが発生し、そのポイントを換金することで報酬が発生します。アンケートサイトに関しては、ポイントを得る方法が様々なアンケートに答えること、といった感じです。

極端な話に聞こえてしまうかもしれませんが、指定された箇所をクリックしていれば良いだけなので、スマホやPCを持っている方であれば無条件に報酬を得られる可能性があります。

インターネット上には無料で登録できるサイトがあまた存在していますが、初めての方は「げん玉」や「ポイントインカム」、「マクロミル」あたりを使用することが一般的でしょう。

現在は使用していませんが、筆者が学生の頃はポイントサイトでのお小遣い稼ぎに夢中になっていました(笑)。

 

オークションサイト/フリマアプリ

これも既に使用している方が多いサイト/アプリかもしれませんね。どうやって、報酬を得ることができるかは皆さんご存知だと思いますが、筆者は報酬の種類が2つあると考えています。

①身の回りの不用品を出品して報酬を得る
②安く仕入れた商品を損が出ない金額設定で出品して報酬を得る

 

まず、初めて使用するという方は①を実践してみてください。家の整理もできて、報酬が入ってくるなんてまさに一石二鳥ではないでしょうか。むしろ、副業をする気がなくてもやるべきだと思っています(笑)。

②に関しては、AmazonなどのいわゆるECサイトを使用した方が良い場合もあります。自身の目的に合わせてうまく使い分けましょう。

オークションサイトなら「モバオク」「ヤフオク」、フリマアプリなら「メルカリ」「ラクマ」を使用すれば問題ないかと思います。

 

資産運用アプリ

「資産運用」こそ、初心者が手をだすべきものではないと思った、そこのあなた。

時代は進化しているんです。手続きが煩雑なうえに、変動を常にチェックしなければ行けないかと思いがちですが、少額のお金をAIが勝手に運用してくれるサービスが存在しているんです。非常に便利な時代ですよね。

基本的に行うことといえば、仕事の休み時間や移動中にサイトを確認することくらいで、「ほったらかし」でも資産運用ができてしまいます。金額はサービスにも寄りますが、概ね1万円から運用が可能なようです。

サービスとしては「ウェルスナビ」や「テオ」などが有名ですが、共通して煩雑な作業が省かれているので、誰でも簡単にスタートすることができます。

筆者も最近、月々3万円の少額で運用をスタートしました。

副業を始める前に

副業を行う目的を明確にしよう

前述した通り、簡単な副業はたくさん存在していますが、簡単だからといって、むやみやたらに副業をスタートするのはあまり好ましいとはいえません。

まず、どれだけ稼ぎたいのか、そもそもなぜお金が必要なのか、どれだけの時間を副業に割くことができるのか、自身の生活を見直したうえで考えておくべきでしょう。

あくまで「副」業ですので、自身の生活スタイルを崩してまで行う必要はありません。これを機に自身の生活を見直すのも良いかもしれませんね。

 

税金に関わる申告に注意しよう

収入が増えれば、それに伴ってもちろん支払うべき税金も増えてきます。本記事では、詳しく説明しませんが、副業による所得が20万円を超えた場合には「確定申告」が必要となります。確定申告を怠ると、後に追加の支払いを命じられたり、本業の会社に副業ばれてしまったりと色々面倒なことに巻き込まれてしまいます。

頻繁に行うべき手続きではないので、決められた時期に所定の手続きを行うようにしましょう。また、主婦の方や学生の方が副業を行う場合には「扶養」の問題も発生してくるので、こちらも事前に確認をしてから副業を始めた方が、手続き間際に慌てることなく済むかと思います。

 

副業詐欺に注意しよう

残念なことに、近年副業を始める方を狙った副業詐欺の被害が後を絶ちません。詐欺をはたらく側の手口も巧妙になってきており、詐欺かどうか見分けることも難しくなってきています。

詐欺を見抜くために、これといった具体的な方法は存在していませんが、登録料などを事前に「前払い」させられる副業や、取引を行う会社の所在地が曖昧な副業は避ける方が身のためです。

※もちろん、登録料を支払うサイトには安全なサイトも多数存在しています

 

まとめ

いかがでしたか。副業について、基本的なことを紹介してきました。

本記事で紹介させていただいたものに着いては、いずれもほんの一部に過ぎません。副業を始める際には必ず「事前に調べる癖」を付けておくことが、楽しく副業をするための第一歩です。
とはいえ、心配しているだけでは何も始まらないので、気になった副業がある方はぜひ負担にならない程度に初めてみてください。