VIVO(ビーボ)は安全?と気になるあなたにこそ教えたい、VIVOを使うべき3つのワケ

稼ぐことができる副業の1つとしてよくあげられることの多いチャットレディサービス。

その中でもVI-VO(ビーボ)というサービスを聞いたことはあるのではないでしょうか。

VI-VO(ビーボ)は比較的新しいチャットレディサービスです。稼げるという情報はたくさんあるのですが、いくら稼げたとしても安全かどうかわからないと始めにくいですよね。

新しいサービスではまだ、チャットレディ自体の数が少ないため稼ぎやすいチャンスがあることは多くの人が感じているかもしれませんが、新しいからこその危険性を考えてしまって、登録を悩んでいる人もいるのではないでしょうか?

チャットレディサービスという、アダルト要素もある仕事をする場合はそういった感覚はとても大切です!(VI-VO(ビーボ)はノンアダルトだけで稼ぐこともできます)

いくら稼げる仕事だとしても、危ない仕事や危険な仕事はしない方がいいと私も思ってますし、しっかと安全であることがわからない状態で仕事をするべきではありません。

しかし、実際にVI-VO(ビーボ)での仕事を経験している自分からすると、そういう感覚を持っている人だからこそVI-VO(ビーボ)に登録しないことを勿体ないと感じてしまう部分があります。

なぜなら、VI-VO(ビーボ)はチャットレディ・メールレディのサービスの中ではかなり安全なサイトだからです。

この記事では、VI-VO(ビーボ)の安全性を徹底的に紹介します。

 

運営会社株式会社エムジー
運営開始2016年(旧サイト名e-shotでは2001年から)
登録チャットレディ数約2万人
報酬時給5,280円(分給88円)
テレフォンレディ可能
メールレディ可能
顔出し任意(してもしなくてもいい)
アダルト任意(アダルトでもノンアダルトでもOK)
チャットレディ層20〜30代
必要なものスマホのみ(PCや特別な機会は必要なし)
日払い5,000円以上なら可能

 

 

広告

vi voが安全である3つの理由

 

チャットレディサービスの安全性を語る際に必要なものは次の2つです。

運営している会社は安全か?
チャットレディサービスの機能は安全か?

どういうことかというと、チャットレディサービスを利用する際におけるトラブルは基本的に、運営している企業か利用するお客さんとのトラブルであることが多いです。

 

だからこそ、運営している企業が真っ当なところであれば、トラブルになることは少ないですし、お客さんがストーカーになってしまうというようなトラブルはチャットレディサービスの機能で、個人情報が絶対に漏れないような体制になっていれば、未然に防げることがほとんどだからです。

 

ではVI-VO(ビーボ)はこのどうなのでしょうか?

この2つを中心に見ていきましょう。

 

VI-VO(ビーボ)では個人情報がサイトから洩れことはなく安全

 

チャットレディにとって個人情報の流出、いわゆる身バレは死活問題です。

パートナーがいる人などでは別れの原因となることもあるでしょうし、もし他の仕事をしている人ならば、その職場の人にバレてしまえばセクハラをされてしまうかもしれませんし、噂を流されてしまい、職場にいるのが難しくなってしまうかもしれません。

 

大切なことなのでもう一度言いますが、チャットレディにとって身バレは死活問題です。

 

そして、チャットレディサービスを運営している企業もチャットレディの身バレがしやすいサイトであるという評判が立ってしまうことは死活問題となります。

 

これだけ、ネットに情報が溢れている社会だと、身バレしてしまった原因がチャットレディサービスにある場合は、必ずそういった情報はネットに晒されてしまいます。

 

そのような評判のあるサイトに登録しようとするチャットレディはほとんどいませんよね。

 

登録するチャットレディがいなくなれば、チャットレディサービスを運営している企業は企業活動を続けることはできません。

 

長く続けている企業や、社員が多い企業であれば、それだけ社会的な責任があります。

身バレの可能性があるという評判は、企業を潰しかねない評判であるため、社会的な責任がある会社ほど徹底して、そのような評判が立たないようにしています。

 

VI-VO(ビーボ)は比較的新しいサービスではありますが、運営企業はVI-VO(ビーボ)をする前にも長い間、チャットレディサービス(e-shot)を長く運営していました。

 

長くチャットレディサービスを運営できているということは、それだけ悪い評判がなかったということが言えるでしょう。さらに長い運営をしてきたからこそのノウハウが溜まっています。

 

実際に、サービスの中での名前やプロフィールなどは全て自分とは違うものを使えますし、変えることを勧めてもいます。

 

長くチャットレディサービスを真っ当に運営していたVI-VO(ビーボ)は運営体制において、チャットレディがもっとも避けるべき、身バレというトラブルを回避できる安全なサイトだと言えるでしょう。

 

VI-VOは大手事務所がサポート体制をとっているから安全

VI-VO(ビーボ)で仕事をはじめる場合は、ポケットワークという事務所に登録する必要があります。

ポケットワークという事務所はチャットレディやメールレディがたくさん在籍している業界では最大手の事務所です。

VI-VO(ビーボ)で仕事をしようとすると運営している企業ではなく、契約している事務所へ登録することが必要な理由は、安全性をより保つためです。

そもそも事務所というものがなぜ存在するかという理由ですが、チャットレディサイトを運営する企業がチャットレディに関わる事務作業(お給料の支払いやチャットレディの教育業務)を自社だけでは持つことができないために、外へお願いするからです。

なぜ、事務所を挟むことによって、お給料のごまかしなどができなくなるからです。お給料をごまかして、安くチャットレディを働かせることによってお金を稼ごうとしているチャットレディサービスであれば、全て自社で完結させたいというのが本音です。

もし、チャットレディサービスを提供する企業が、チャットレディの教育やチャットレディのお給料の支払いなども一貫して行うのであれば、ごまかせるポイントはいくつもあります。

それこそ、稼げるようになってきても、チャットレディとして稼ぐことができるコツを教えた教育費として、お給料からいくらかを天引きすることが可能かもしれませんし、お金の支払いを遅れてもチャットレディ個人であれば文句をいうのも難しいかもしれません。

しかし仲介としての業者が入ることによって、こういったごまかしが出来なくなります。

チャットレディを集めて、稼ぐことができる力チャットレディに対するお給料の支払いの仕組みなど)などを整えるのが事務所の仕事、チャットレディが男性と話すことでお金を最大限に稼げる場としてのサービスを整えるのがチャットレディサービスの運営企業の仕事です。

事務所はチャットレディが働いた分からいくらかをマージンとして抜いた額を利益としているため、チャットレディが稼げるようになればなるほど儲かる仕組みになっています。

教育というと何かレッスン的なものがあるかもしれないと思う人がいるかもしれませんが、事務所は基本的にそういった教育はしていません。

事務所が行なっている教育にあたるものは、チャットレディがサービスでわからないことがあった時の24時間の回答体制などのサポートなどです。

事務所としても、お金が支払われないや、個人情報が流出したなどという評判がたつと、登録するチャットレディが激減し契約をするチャットレディサービスもなくなってしまい倒産する可能性があるため、絶対に個人情報が漏れるようなことはしませんし、支払いを遅れるというようなこともありません。

サービスを提供する企業と事務所が分かれていること、そしてその2社の規模が大きく信頼企業である安全性を高くするためには必要なことであり、VI-VO(ビーボ)はそのポイントからも安全であると言えます。

 

お客さんとのトラブル可能性を機能によって下げることができる

VI-VO(ビーボ)を提供する企業や、事務所が安全であることはご説明しました。

上の説明によって、運営者側が真面目にチャットレディサービスを提供しようと考えた時に、個人情報や身バレの可能性があるということはリスクでしかないことはわかっていただけたと思います。

そういった観点では、チャットレディとサービスの提供者の利害は一致しているためトラブルが起きることはほとんどないということはお分りいただけたと思います。

しかし、運営者とのトラブルがないとしてもやはりチャットレディの仕事ではお客さんとのトラブルが発生することも考えられます。

もっとも気をつけなければいけないのは、お客さんが悪質化してストーカーのような被害に合うという可能性です。

お金を稼ぐことが出来たとしても、ストーカーの被害に合ってしまったら嫌ですよね。そんな思いをしてまで稼ぐ必要はないと思う人がいるでしょうし、私もそう思います。

お客さんとのトラブルを避けるために必要なことは、基本的にお客さんとのコミュニケーションに気をつけるということに尽きるのですが、利用するチャットレディサービスによってトラブルに合う可能性を下げることも出来ます。

それが、いいお客さんがいるサービスを使うか、お客さんとの適度な距離感を持つことができるサービスを利用することです。

VI-VO(ビーボ)は、サービスが新しくなる前からのヘビーユーザーのお客さんが多く、割と紳士的なお客さんが多いというような評判もありますが、男性会員の数は多く、複数のチャットレディサービスに登録している男性会員もいるため、さすがに、そう言い切るのは無理があります。

だからこそ、身バレをしたくない場合やトラブルに巻き込まれたくない場合に、トラブルを回避できるような機能を持つチャットレディサービスを利用することが良いでしょう。

VI-VO(ビーボ)では、顔出しをするかどうかを自分で選ぶことができます。さらに顔出しをした場合としない場合で報酬が変わることもありません。

だからこそ、安全性に徹底的にこだわり身バレを絶対に防ぎたいという人であれば顔を隠し、チャットレディとして働くこともできてしまいます。

当然、男性会員が話したいと思うチャットレディ のポイントにはルックスも含まれるため、稼ぐことは若干難しはなるでしょうが、トラブルは絶対に避けたいということであれば、選択することができます。

まずは、顔出しを全くせずにどれくらい稼げるかをやってみて、稼げない場合はメイクを普段のものとはかなり変えて顔出ししてみるという方法もいいかもしれません。

実際、私は始めた当初怖さがあったので、そのような方法をとりました。

さらに悪質だったり、ちょっと不気味だと感じる男性ユーザーがいる場合はその人からの連絡を拒否する機能もついています。

それを利用すれば、自分が投稿した写真や動画なども相手はみることができなくなりますし、当然個人情報なども流出することはないので、かなりトラブルを避けることはできます。

ただし、身バレしたという他のチャットレディの話を聞く限り、そのほぼ全てが

仲良くなったから、自分の事を話してしまい、身バレした。

という、自分で言ってしまうというパターンでした。

 

だからこそよっぽどのことがないと身バレなどの危険はないと思いますが、VI-VO(ビーボ)であれば、さらに保険をかけることができるため、少し過剰とも思えるほど安全性を重視しているということが分かるはずです。

 

 

ここからは、vi voの口コミや評価をご紹介します。

 

VI-VO(ビーボ)の口コミや評判、利用者が感じた危険性は?

VI-VO(ビーボ)の安全性をしっかりと把握するために、何人かのチャットレディ にアンケートをとりました、その内容の一部をご紹介します。

 

vi voでチャットレディを行なっている中で危険だったこと、辛かったことを教えてください

危険だと思ったことは、全くないです。
化粧とキャラで普段とは全く違う自分を演じているので、身バレだったりの危険は体験したことないです。
(21)学生
vi voは安全だなという印象がすごくあります。これまでには掛け持ちで複数のチャトレを使っていたこともあったのですが本当に、名前が知られていないようなサービスは怖かったですね。本当にお金払ってもらえるのか微妙でしたし、ないとはわかっていますが危険がないとも言えないので、基本的には在宅でできるチャトレのビーボに今は絞っています。
(28)主婦
危険を感じた時は、身バレなのですがお客さんが知り合いだった時です。
顔を隠していたので、相手にバレる可能性はなかったのですが、流石にびっくりしてしまいました、普段とのキャラが全然違うかったのでw
その人のイメージがそれから全く変わってしまったのですが、特に問題なくやり過ごすことができました。
(26)フリーター

このように、やはり実際に利用している人もVI-VO(ビーボ)は安全だという認識が一定としてあるようです。

 

チャットレディ をはじめようと思う人や他のサービスと掛け持ちをしようと思っている人がいるならVI-VO(ビーボ)も試してみてください。

 

まとめ

結局、チャットレディ の危険性は、チャットレディ 本人が気をつけるべきところを気をつけることができているか(お客さんに自分の情報を言わない、直接会わない)に尽きるところがあります。

どれほど、サービスに危険性がなくて安全でも、それを使うユーザーにトラブルを避ける能力がなければ、トラブルに巻き込まれることもあるでしょう。

でも、この記事を読んでいる方は、危険性や安全性に関して気になる感度を持っているため、自分から自らトラブルを背負うようなことはしないと思います。

そんな方にだからこそ、利用してみてほしい安全なチャットレディ サービスVI-VO(ビーボ)

VIVOが本当に稼げる理由を紹介している記事も参考にしてくださいね。

 

広告