「お金のために働くのはダメ!」この言葉を鵜呑みにすると危険な理由

よく耳にする「お金のために働くのはダメ!」という言葉や考え方。

一流のビジネスマンほど「お金のために働いていない」という趣旨の記事や本などいろいろ出回っています。

つまり、一流のビジネスマンになりたかったら「お金のために働くのはダメだ」みたいな風潮があります。

しかし、この「お金のために働くのはダメだ」という言葉や考え方は本当なのでしょうか?

この「お金のために働くのはダメ!」という言葉を鵜呑みにするのは危険かもしれません。

では、なぜ「お金のために働くのはダメ!」という言葉を鵜呑みにするのは危険なのか?

今回はこのテーマを中心に書いていきます。

広告

「お金のために働くのはダメだ」という言葉は信じてはいけない?

前述の通り、「お金のために働くのはダメだ」という風潮があります。

まずこの言葉が浸透した原因を考えると、影響力のある経営者などの一流ビジネスマンの発言とその周りの一流ビジネスマンたちの賛同があったからだと言えます。

ただし、ここで考えたほうが良い視点が1つあります。

この「お金のために働くのはダメだ」という言葉を発信し、賛同している経営者の人たちは既にお金を持っている状態であることです。

もちろんお金がないときから、「お金のために働くのはダメだ」という信念を持って上り詰めた人たちかもしれません。

しかし、ビジネスは単なる慈善事業ではありません。

ビジネスは利益を出すことが重要です。

つまり、ビジネスは「お金のために働いた結果」とも言い換えることができます。

ならば、なぜお金のために働いた結果で評価され、一流となったビジネスマンたちが口をそろえたかのように「お金のために働くのダメだ」というような話になるのでしょうか?

それは「お金のために働くのはダメだ」の根本の部分を考える必要があります。

では「お金のために働くのはダメだ」の根本の部分とは何なのか?

「お金のために働くのはダメだ」という言葉の本質

「お金のために働くのはダメだ」という言葉を考える上で、重要なのは「お金」の意味を考えることだと思います。

そもそも「お金」とは、何なのか?

・自分が持っている「お金」
・売上としての「お金」
・消費としての「お金」

いろんな「お金」があると思います。

「お金」は、価値を表すツールです。

ビジネスにおいての売上は、お客さんがいて、そのお客さんに価値を提供して、その対価の報酬としてもらえるのが「お金」であり、売上です。

そう考えると、「お金のために働くこと」は良いことだと思います。

ただ、多くの人が自分がどれだけお金を持てるか?という点に考え方が偏ってしまっている傾向にあります。

つまり、価値を提供することで得た対価を「お金」として捉えているのではなく、自分が持つ「お金」だけが「お金」となっていることが多いと思います。

ということは、「お金のために働くのはダメだ」という話は、「自分のお金を得るためだけに働くのはダメだ」という話だと解釈できます。

これが、「お金のために働くのはダメだ」という言葉の本質です。

ということは、、、

まずは「お金のために働く」で良い

まずは「お金のために働く」という考え方で良いと思います。

ここで言う「お金」というのは、自分以外の誰かに価値提供をした結果に得られたお金のことです。

つまり「お金のために働く」というのは、

・自分以外の誰かに価値提供できるものを大きくする
・自分以外の誰かに価値提供できるものを大きくできるようなスキルを付ける

ために働くという意味です。

そして単にボランティア的に働くことを推奨しているわけではありません。

あくまで対価として得られる「お金」の量は、ちゃんと拘ったほうが良いです。

なぜなら、ビジネスとして捉えたときに、求められるのは売上などの指標としての「お金」だからです。

そして、自分以外の誰かに価値提供できるスキルが求められるので、しっかりスキルを付けることができたのか、どのくらいのスキルなのか?をしっかり把握するという意味でも「お金」の量は、重要な指標になります。

なので、自分以外の誰かに価値提供するという意味での「お金のために働く」を追求したほうが良いです。

とはいえ、「お金のために働く」というのは具体的にどういうことなのか?

「お金のために働く」の具体的な行動とは

前述の通り、まずは「お金のために働く」で良いと思います。

そして、まだお金を持っていない人は特にです。

お金を持っていないということは、自分以外の誰かに価値提供できるレベルが低いと同意になってしまいます。

なので、まずは「お金のために働く」で良いのです。

では、具体的に「お金のために働く」というのに必要な行動は何なのか?

「お金のために働く」の具体的な行動①:本業で給与を上げるために働く

現状働いている人なら、どこかの組織に属しているはずです。

もちろん、起業したての方とかもいるかも知れません。

そんな中でも、本業での給与を上げるために働いたほうが良いです。

給与は、組織からの評価に依存します。

そして、組織から評価されている人というのはどんな人なのかというと、市場に対してより大きな価値を提供している人です。

これは、前述の通り、自分以外の誰かに対して価値提供ができていると捉えることができます。

なので、「お金のために働く」の具体的な行動は、本業で給与を上げるために働くということです。

しっかり本業で実績を出せれば、スキルも付いていると考えられるので、転職などする際なども優位な状況を作ることに繋がります。

もし、評価体制がしっかりしていない会社に所属していて、市場への価値提供など全く関心がない会社なのであれば、転職したほうが良いです。

世の中には会社がいっぱいあるので。

「お金のために働く」の具体的な行動②:副業で稼ぐ

副業解禁などのニュースも多くなり、副業の案件が載っているサイトやサービスも増えてきました。

もし、会社の外でもいろんなことを吸収したかったり、自分の今のスキルがどのくらい市場から求められているのか?を知りたかったりするのであれば、副業をやってみると良いと思います。

実際に社外でも評価され、自分のスキルに自信を持つことができたり、逆に厳しさを知って、さらに頑張る必要があると気づけたりしたら、それは人生にとっても大きいと思います。

また、報酬もしっかりもらえたら、生活も豊かになるでしょう。

そして、副業には、手をそこまで動かさなくて良いようなものもあります。

「お金のために働く」と言った内容からズレるように思えるかもしれませんが、効率よくお金を稼いでおくことで、そのお金を使って、新たな挑戦をしたり、本などの勉強代にしたりすることもできます。

そんな副収入を得る方法があるのか?という人向けに、その誰でも始められる副収入を得る方法を紹介します。

これは裏技ではないです。裏技ではないですが、今すぐ、誰でも実施することが可能な方法です。

では早速、、、

まとめ

「お金のために働くのはダメ」という言葉は単に鵜呑みにしてしまうと、ボランティア活動しかできない状況になる可能性があります。

単に影響力がある人が言っている内容を受け入れるのではなく、本質を追求して理解し、行動に移したほうが良いです。

そして、今回はまず「お金のために働く」で良いという旨をお伝えしました。

さらに、何もせずに「お金のために働く」を実現するためにロドアドバイザーを紹介してます。

今回紹介したロボアドバイザーを始めるなら、休日の時間を1日使うだけで済むかもしれません。

そして、あとはそこで稼いだお金を元にスキルアップに投資しても良いですし、さらに稼ぎたいなら他の副業を初めて見るのも良いかもしれません。

ただ、ロボアドバイザーは、どれだけ早く始めたか?によって、稼げるまでの期間が変わってきます。

また、今回紹介したロボアドバイザーは今キャンペーンを実施しているので、期間中に実施しないと損をしてしまう可能性があります。

なので、できるだけ早いうちに始めてみて下さい。

おまけ:「お金のために働く」とことん副業で稼ぎたい人へおすすめな副業まとめ

高額な副収入が期待できる!?おすすめな副業と絶対に始めるべき副収入サービスとは?

広告